困った!アンダーバー「_」の出し方がわからないを解決します

0720e5e36bd5365ad8e4332b4b45e7db_s パソコン

「アンダーバー」と言っても、ピンと来ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アンダーバーは「アンダースコア」とも言い、記号の一つで表示は「_」です。

普段のメールや文字入力では、あまりなじみのない記号ですよね。

しかし、メールアドレスやファイル名などの英字配列では、文字の区切りとして必要になることもある記号です。

ところが、普段なじみがないだけに、出し方(入力方法)がわからないという方も。

そこで今回は、アンダーバーの出し方を解説しますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

Windowsパソコンでのアンダーバーの出し方

アンダーバー

まずは、Windowsパソコでのアンダーバーの出し方を解説します、

日本語変換にMS-IMEを使っている場合とATOKを使っている場合で、出し方が異なるので、順にご紹介します。

MS-IMEでのアンダーバーの出し方

キーボードの下から2段目の両端にある「Shift」キー(キーボード配列によっては左端にしかない場合もあります)とひらがなの「ろ」が書かれたキーを使います。

ローマ字入力の場合、「Shift」キーと「ろ」キーを同時に押し、スペースキーまたは「F10」キーを押して半角に変換します。

カナ漢字入力の場合は、「Shift」キーと「ろ」キーを同時に押して「ろ」の文字を出し、「F10」キーを押すとアンダーバーが入力できます。

また「アンダー」と入力すると、変換候補の中にアンダーバーが出てくるので、こちらの方法でも入力できます。

ATOKでのアンダーバーの出し方

ローマ字入力の場合は、MS-IMEと同じです。

カナ漢字入力の場合は、「ろ」の文字を出した後、「F11」キーで全角のアンダーバーを出してから「F10」キーで半角に変換します。

スポンサーリンク

Macでのアンダーバーの出し方

出し方

Macの場合のアンダーバーの出し方も、Windowsパソコンの場合と同じです。

スポンサーリンク

iOS(iPhone・iPad)でのアンダーバーの出し方

アンダーバー

iOSでのアンダーバーの出し方は、パソコンと似た配列のキーボードを使う「フルキーボード入力」と、携帯のキー配列を使う「携帯入力」で異なります。

携帯入力(日本語かな)でのアンダーバーの出し方

普段は、携帯入力をしている方が多いと思いますので、まずは携帯入力での出し方をご説明します。

まず、左側にある「ABC」キーをタップすると、英語入力用のキーボードになり、左上に「@#/&_」というキーが表示されます。

このキーを5回タップするか、キーを長押しして下方へスライドします。

フルキーボード入力(日本語ローマ字)でのアンダーバーの出し方

携帯入力とフルキーボード入力は、画面左下の「地球」マークをタップすることで切り替えられます。

フルキーボード画面では、まず左下の「123」キーをタップして数字・記号入力に切り替え、さらに、「#+=」キーをタップします。

「123」キーの上に「_」というキーが出るので、これをタップします。

スポンサーリンク

Androidスマホ・端末でのアンダーバーの出し方

出し方

Androidスマホや端末でのアンダーバーの出し方を、ご説明します。

画面左下の「文字あA1」キーをタップして、数字入力にします。

表示される「↑」をタップすると、「_」キーが表示されるので、これをタップします。

日本語かな入力では、「記号」キーを2回タップすると「_」が表示されます。

スポンサーリンク

まとめ

パソコンやスマホでのアンダーバーの出し方を解説してきました。

それぞれで出し方が異なるので、かなりややこしいですし、普段使わないと出し方を忘れそうですね。

そんな方には、辞書登録/単語登録がおすすめです。

「あんだー」など自分の覚えやすい読みでアンダーバーを辞書登録/単語登録しておくと、次からは読みを入力すればアンダーバーが変換候補に出てくるようになります。

今回の記事を参考に、パソコンやスマホをもっと便利に活用してみてくださいね。

パソコン
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました