唇にシミができたらどうする?きちんと対策をして思わずキスしたくなる唇にしよう

シミ

メイクをしようと思って鏡を見たら、
唇にシミがあったなんて経験ありますよね。

どうして唇にシミができてしまうんでしょうか?

今回は、

・唇にシミがあるとキスしてもらえないのか
・唇にシミができる原因
・唇にシミができたときの対処法
・唇にシミができないようにする方法

を調査していきます!

また、記事の後半では
唇のケアを方法の動画を掲載しております!

ぜひ、合わせてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

唇にシミがあるとキスできない?

唇にシミがあったとき、
男性はどう思うんでしょうか?

男性が女性とキスをしたくないと思う瞬間は、
荒れた肌を見たときや、口臭がきつかったときです。

そして、唇のケアがきちんとされていないときも、
キスをしたくないと思うそうですよ。

きちんとケアされていない唇を見たとき、
男性は「疲れているのかな」「忙しいのかな」
そう考えるんだとか。

唇で、その人の印象まで変わっちゃうんですね。

なので、唇にシミがあるとキスをしてもらえない可能性があります。

女性の方も、
シミがあったら自信が持てなくて
キスを拒否してしまうんじゃないでしょうか?

唇のシミ対策をきちんとすることで、
自分にも自信が持てるし、

彼からもキスをしてもらえます。

これから、唇のシミ対策について見ていくので
みなさんも一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

唇にシミができる原因

きちんとケアされていない唇は、
マイナスポイントになってしまいます。

彼とのキスを期待していても、
唇にシミがあると幻滅されてキスしてもらえません。

肌とかにシミができるのは何となく分かりますが、
なぜ、唇にシミができるんでしょうか?

唇にシミができる原因は、大きく分けて2つあります。

それは、「紫外線」と「刺激」
それぞれ詳しく見ていきましょう。

紫外線

紫外線を浴びすぎると、
肌にシミができてしまうのはみなさん、ご存知ですよね。

唇も同じで、
紫外線をたくさん浴びてしまうとシミができてしまうんです。

唇には日焼け止めを塗らないし、
皮膚が薄いから紫外線のダメージをたくさん、受けています。

だから、シミができてしまうんです。

刺激

唇は乾燥しやすく、刺激を受けやすい場所です。

唇を舐めたり、ティッシュで唇を拭くなど、
何気ない動作でも唇にダメージを与えることになります。

その結果、シミができやすくなるんですよ。

スポンサーリンク

唇にシミができたときの対処法

唇にできたシミをすぐに消す方法はありません。

時間はかかりますが、
きちんとケアをしてシミが消えるのを待つしかないでしょう。

シミができた唇のケア方法は、
「保湿する」、「ビタミンC誘導体配合の化粧品でケア」、「リップスクラブを使う」
という3つの方法があります。

保湿する

唇はターンオーバーの周期が短いので、
簡単にケアができます。

きちんと保湿をして、
乱れたターンオーバーを整えましょう。

リップクリームを使って、保湿するのがおすすめです。

厚めにリップクリームを塗ったら、
唇のサイズに合わせてカットしたラップをのせます。

数分間、そのまま置いたら、
ラップを取って唇のマッサージをしてください。

最後に、リップクリームを薄く塗って仕上げてくださいね。

ビタミンC誘導体配合の化粧品でケア

ビタミンC誘導体が配合されたリップクリームや、
唇用美容液を使って唇のケアをしましょう。

ビタミンC誘導体は、シミの色素を薄くしてくれる効果を期待できます

食べ物からビタミンCを取るのもおすすめ。

赤ピーマンやブロッコリー、レモン、キウイフルーツ、
ジャガイモなどに含まれています。

リップスクラブを使う

リップスクラブを使って、
古い角質を落とすことでシミを消すこともできます。

でも、いくつか注意してくださいね。

すぐにシミを消したいからと、
何度も使わないこと。

刺激が強いので、1~2週間に1度位を目安に使いましょう。

スクラブはいろいろとありますが、
必ず唇用を使うことも大事です。

唇を傷つけるので、スクラブを使うときは優しくこすって使ってくださいね。

リップスクラブを使った後は、
唇が乾燥しやすいので保湿も忘れずに。

スポンサーリンク

唇にシミができないようにする方法


最後に、

唇にシミができないようにする方法を紹介しますね。

紫外線のダメージが原因なので、
UVカット効果があるリップクリームを使うようにしましょう。

ヒアルロン酸や植物オイルなどが配合された、
保湿力が高いアイテムが特におすすめです。

唇が乾燥していないのに、何度も塗り直したり、
押し当てるように強く塗ると唇にダメージを与えるので、
気を付けてください。

優しく、縦方向に塗るのがポイントです。

クレンジングも大切ですよ。

メイクが残っていると、それもシミの原因になることがあります。

リップメイク専用のリムーバーを使って、
きちんと落としましょう。

https://item.rakuten.co.jp/loco/drhauschka-lipcarestick/
スポンサーリンク

まとめ

さて、ここまで

・唇にシミがあるとキスしてもらえないのか
・唇にシミができる原因
・唇にシミができたときの対処法
・唇にシミができないようにする方法

を調査してきました!

いかがでしたでしょうか?

唇のケアって忘れがちですが、
きちんとケアしないといけないんですね。

皆さんも、唇のケアを忘れずにきちんとやりましょう。

シミ
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました