暖房の季節には、乾燥対策が必須!冬の乾燥から肌を守るために

乾燥対策

寒さが厳しくなってくると、欠かせないのが暖房ですね。
寒い外から帰って、暖房に当たるとホッと体も緩みます。

ですが、暖房が効いた部屋に長くいると、肌が乾燥して、カサカサになったり、かゆくなったりすることがありますよね。

部屋を暖めると、何故乾燥してしまうのでしょうか?
また、どんな対策を取ればよいのでしょうか。

暖房を効かせると肌が乾燥するのは何故?

暖房

暖房を効かせると、温度が上がります。

温度が上がると、空気が吸収することのできる水蒸気の量は増えます。

つまり、空気中の水分の割合が低くなるということです。これが湿度の低い状態で、乾燥しているということになります。

水分は、乾燥しているところに逃げていくものなので、
肌の水分はより乾燥した空気中に逃げていくという訳です。

そのため、肌が乾燥して、カサカサになったり荒れたりしてしまうのです。

暖房器具を上手に使って乾燥対策を

乾燥対策

冬の乾燥対策として、幾つか気をつけたいことがあります。

エアコンやファンヒーターの吹き出し口には近づきすぎないこと

肌は、暖められることと、吹き出す風にさらされることで、どんどん乾燥していきます。

また、ホットカーペットや電気毛布、湯たんぽは触れると温かいのですが、
熱源に直接触れているため、やはり暖められることで乾燥していきます。
長時間の使用は控えた方が良いでしょう。

暖房器具を上手に使う

空気が暖まると乾燥するのですから、暖め過ぎに気をつけましょう。

温度調節や使用時間を、細かく設定しましょう。

環境省が推奨しているエアコンの設定温度は20℃ですから、
設定温度が高すぎないか、一度チェックしてみると良いでしょう。

また晴れた日の気温の高い日中や食事の調理時などに、室温が上がっているようであれば、一旦エアコンを切るなど、使わない時間を設けるなどしてみてはいかがでしょうか。

肌を乾燥から守るための対策は?

肌

肌が乾燥する原因は、一つはここまで述べてきた、空気が乾燥することによる外側からの乾燥です。もう一つが、肌の内側の保湿物質が減ることによる内側からの乾燥です。

乾燥対策には、内側と外側の両方からの対策が必要です。

まず、外側からの対策としては、加湿をすることです。

加湿器があれば一番良いのですが、なければ、
濡れたタオルを干す、観葉植物を置く、なども効果があります。

湿度計を用意して、湿度をこまめに確認しましょう。
肌に最適な湿度は、50%~60%と言われています。

内側からの対策としては、肌の潤いに役立つ食べ物を積極的に摂ることも有効です。

おすすめの栄養素は、ビタミン類で、特にビタミンAが肌の潤いに役立ちます。
ビタミンAは、緑黄色野菜やレバーに多く含まれています。
積極的に摂ると良いでしょう。

さらに、肌内側の保湿物質を補いましょう。

保湿物質にはいろいろありますが、特に角質細胞間脂質と呼ばれるものが有力で、その40%を占めるのがセラミドです。

セラミド配合の美容液を使えば、肌の水分量を増やすことができ、
内側から乾燥しにくい肌を作ることになります。

セラミドは、継続して使うことで効果を実感できるので、ぜひ続けて使ってみてください。

まとめ

冬は、空気が乾燥する季節の上、室内は暖房によって、より乾燥しています。

そんな環境ですから、どうしても肌も乾燥しがちです。

ご紹介した暖房器具の使い方、加湿、保湿などをご参考に、
この冬の乾燥対策を抜かりなく行ってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする