保湿ケアの正しいやり方を知って、乾燥知らずになろう

小顔 乾燥肌

肌が乾燥して荒れることに悩んでいる方は、たくさんいらっしゃると思います。

また、冬は空気が乾燥して、さらに肌が乾燥してしまいますね。

健康な肌が含む水分は、約20%~30%です。肌の水分が20%以下になると、乾燥肌といわれます。

肌の水分を維持することを保湿と言い、保湿ケアとは、肌の保湿を行うことで、肌の乾燥を防ぐことです。

保湿がうまくできない大きな理由は、加齢です。また、間違ったスキンケアや生活習慣などが原因で、皮膚のバリア機能が低下して乾燥肌になることも。

では、正しい保湿ケアのやり方とはどんなものか、見ていきましょう。

スポンサーリンク

保湿ケアの基本のやり方

保湿ケア

保湿ケアの基本は、洗顔後やお風呂上りには、すぐに化粧水と保湿化粧品をつけることです。

肌が潤っている間に化粧水をつけ、その水分を逃がさないよう、保湿化粧品をつけます。

肌の乾燥がひどい時には、化粧品→保湿化粧品の過程を繰り返すと良いでしょう。

美容成分の高い化粧水を使う前に、プレ化粧水を使いましょう。

プレ化粧水とは、乾燥した肌を柔らかくさせ、化粧水や美容液が浸透しやすい状態に整えるための化粧水です。

専用のプレ化粧水もありますが、さっぱり系の化粧水を先に使い、肌を慣らすのも良いでしょう。

安いサラサラの化粧水をたっぷりと使い、肌の準備をしてから、とろみのあるようなしっとりタイプの化粧水を使うと、水分が肌に入り込みやすくなります。

スポンサーリンク

間違った保湿ケアのやり方

 

やり方

以前には、肌に良い保湿ケアといわれていたものが、研究が進んで、効果がない、または肌に良くない、とされるようになったケアのやり方もあります。

以下、やってしまいがちな間違った保湿ケアのやり方を挙げます。

肌が乾燥するときは化粧水を十分につける

化粧水の成分の多くは水であり、肌にたくさん化粧水をつけても蒸発するばかりで、保湿効果は高くありません。

何度も化粧水をつけてしまうと、皮膚がふやけ、肌本来の保湿成分が溶け出し、逆に乾燥しやすくなることもあるので注意しましょう。

化粧水をシートマスクで肌に浸透させる

シートマスクやコットンに化粧水をつけて顔に乗せて、化粧水を浸透させているつもりで、化粧水の多くは蒸発しているだけになっていることもあります。

指定の時間以上長くシートマスクやコットンを顔に乗せていると、シートマスクなどが乾燥して、その時一緒に肌内部の水分も乾燥してしまうので注意しましょう。

ニキビ肌やオイリー肌には保湿は必要ない

乾燥肌が酷い場合に、オイリー肌になることがあります。

乾燥がひどいと、肌が乾燥から皮膚を守ろうとして、過剰に皮脂を分泌するからです。

乾燥肌が原因のオイリー肌の場合、保湿をしっかり行わなければなりません。

化粧水の蒸発を防ぐために油分で蓋をする

化粧水で十分に水分を与えたら、油分を含んだ保湿用の乳液やクリームで《蓋》をするものだと思っている方が多いでしょう。

実際には、油分の保湿力はそれほど高くはなく、乳液やクリームをつけてもすき間から水分が蒸発してしまいます。

保湿のためではなく、肌を滑らかに柔らかくするために乳液やクリームをつけるのだと考えましょう。

洗顔料はしっとりタイプを使う

洗顔の目的は肌の汚れを落とすことです。

しっとりタイプの洗顔料は、肌の汚れを落とすことと、油分の補給を同時に行っています。

このため、洗い上がりはしっとりしますが、それは、油分によるべたつきでしかありません。

油分が残っているので、皮脂汚れやメイク汚れが残っていることに気づきにくくなりますし、化粧水や美容液などの水分をはじいてしまい、保湿には逆効果です。

スポンサーリンク

正しい保湿ケアに必要な保湿成分とは

保湿ケア

肌の乾燥が気になって保湿が必要だと思った時には、化粧水で水分を与え、乳液やクリームで蓋をするのも良いですが、それでは水分の蒸発は十分に防げません。

効果的な保湿ケアのやり方は、体の内側から水分を肌の中で保つことができるような成分を補うことです。

肌の内部に水分を保つ成分

肌の内部に水分を保つために効果的で、化粧品にも使われている成分は、下記のようなものです。

  • セラミド・・・角質層で細胞同士を結び付ける働き。水分を強力にはさみこみ保持する。
  • ヒアルロン酸・・・ポピュラーな保湿成分。様々な化粧品に使われている。
  • コラーゲン・・・水に溶けやすくとらえた水分を逃さない性質を持つ。
  • エラスチン・・・角質層にも存在する成分。肌内部で保持できる水分を増やす。
  • レシチン・・・皮膚や粘膜から物質を透過吸収する浸透作用
  • 天然保湿因子(NMF)・・・角質細胞内にあり、水分を保持する働きをする
  • ホホバオイル・・・化粧水と馴染み易くすぐに浸透
  • スクアランオイル・・・化粧品一緒に塗布すると有効成分を体内により浸透させる

保湿化粧品にもいろいろありますが、保湿美容液や保湿クリームの方が、保湿ケアには適していることが多いです。

目の周りは特に乾燥しがちなので、乾燥がひどい時には、アイクリームなどの専用の化粧品を使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今まで正しいと思って実践していた保湿ケアが、間違ったやり方だということ、正しい保湿ケアをしなければ、乾燥は解消されないことが分かりました。

ご紹介した、保湿ケアの正しいやり方を参考に、乾燥知らずの肌を手に入れてくださいね。

乾燥肌
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました