簡単にシミを消す方法があった!ためしてガッテンで明らかになった意外な方法

シミ

一度できてしまったシミは、加齢とともに濃くなってしまい、消すことがとても難しいものです。

女性の顔にシミがあると「老けて見える」と思うのは、女性のみならず、多くの男性も同じです。

鏡を見るたびテンションを下げてしまう美肌の大敵、シミ。どうにかしたいですね。

そんな世の女性に朗報です。

ある種のシミを消す方法を、NHKの『ためしてガッテン』が明らかにしたのです。

シミの種類と謎の『赤いシミ』

しみ

シミには、原因によっていくつかの種類があります。

紫外線のダメージによる老人性色素斑や女性ホルモンが関与するといわれる肝斑、遺伝性のそばかすなどです。

ためしてガッテンでは、紫外線が原因ではない謎の『赤いシミ』があることが明らかにされました。これは、決して珍しいものではなく、調査では10人中9人に見つかったといいます。

では、この赤いシミの正体は何でしょうか?実は、肌をこすったりした時の摩擦によって起きる炎症です。

炎症が起きることで活性酸素が発生し、これに対する防御として、体内でメラニン色素が生成されて肌に沈着し、シミになります。

『赤いシミ』を消す方法を効果的に行うには

消す方法
赤いシミは、炎症でできるシミです。

炎症でできたシミを消す方法は『こすらないこと』です。炎症が治まれば、ターンオーバーで古い細胞から新しい細胞に変わるので、シミは次第に薄くなっていくのです。

日ごろから肌をこすらないことが大切ですが、重要になってくるのが洗顔です。

洗顔やクレンジングの際、肌をごしごしこすっていませんか?その『摩擦』が、肌に炎症を起こし、ひいては赤いシミの原因となっているのです。

また、ケアの成果が効果的に現れるのは、春から夏よりも秋から冬にかけてです。春から夏には紫外線が多く、摩擦の少ないケアをしてシミを薄くできても、また色素沈着を招いてしまうからです。

ためしてガッテン式シミ消し洗顔

ためしてガッテン
赤いシミを消す方法としては、日々の洗顔とケアを行う季節が重要です。

ここでは、ためしてガッテンで紹介されたシミ消し洗顔法=泡洗顔をご紹介します。

要点は2つです。

一つは、ふわふわの泡を立てることです。泡立てネットや泡立てボールを使って、空気を多く含むキメの細かい泡を作ります。

二つめは、洗顔するとき手を顔の肌に触れず、泡だけで洗うことです。

キメの細かいたっぷりの泡を肌に乗せ、手を上下に動かして泡を肌に押しつけるようにします。顔全体で2~3分かけるだけで十分です。小鼻と目じりは、指で撫でるように洗います。

まとめ

シミの原因は、紫外線を筆頭に様々あり、それぞれに適した対処法が異なります。

その中で、簡単で今日からでも始められるシミを消す方法が、ためしてガッテンで紹介された『赤いシミ』に対する『泡洗顔』です。

より効果を高めるために、秋から冬にこそ、気を抜くことなくシミ対策を行うことも重要です。

シミは美肌の大敵です。できるところから始めて、少しでもシミを減らし、若々しい美肌を取り戻したいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする