新玉ねぎの保存方法とは?冷蔵や冷凍はどうなの?

新玉ねぎ

IMG_1569

スーパーの野菜売り場では春の野菜がたくさん並んで、日々の料理も春色を取り入れ季節感を楽しんでいます。
そして、この季節でないと楽しめない野菜の1つに「新玉ねぎ」がありますが、この「新玉ねぎ」は冷蔵庫で保存してはいけないと知ったのは情けないことに一年前でした…。

なんで冷蔵庫で保存はダメなの?

玉ねぎの保存法は普通は冷暗所ということで「冷蔵庫」で保存しますが、新玉ねぎはこの「冷蔵庫」はNGなのです。
新玉ねぎは水気に弱く、密閉された空気の流れの良くない冷蔵庫では湿度が高いので早く痛んでしまいます。
冷蔵庫で保存はNGですが、調理をする一時間前くらいから冷蔵庫へ入れて冷やしてから切ると、目にしみることなく「涙を流しながら切る」なんてことはなくなりますよ。

新玉ねぎはどうやって保存したら良いのでしょう?

今はなかなか見かけませんが、地方の民家の軒下に吊るしてある玉ねぎたちを見たことはありませんか?
新玉ねぎは湿気のない風通しの良い場所で保存することが大切です。

破れて履けなくなったストッキングを使う

使うのは足の部分なのでストッキングの太ももから上の部分は切り落とします。

IMG_1571
玉ねぎを足先まで入れてストッキングを結びます。そこへ、また玉ねぎを入れて結ぶ。これを繰り返し「数珠」のような形にします。

IMG_1572
大きめの玉ねぎなら3つくらい。小さめなら4つくらいが目安です。
できた、玉ねぎの数珠を軒下などの風通しの良い場所に吊るします。

IMG_1595
これで1カ月から2ヶ月は保存できます。
使う時は結び目毎にハサミで切り落としせば良いので楽チンです。

室内での保存

軒下はあっても雨に当たらないほどの奥行きがない等いろいろな事情で吊るす場所がないときは、どうしても室内での保存になってしまいます。
まず、湿気対策として玉ねぎを新聞紙で包みます。
ですが、密閉を嫌うのでその際はふんわりと包みます。
そして、ふんわり包まれた玉ねぎを風通しの良いカゴなどに入れて保存します。

冷凍保存

基本的に生で食べる「新玉ねぎ」ですので、一袋買っても食べ切る前に飽きてしまったり、季節物ですのであちこちから同じ時期に頂いて食べあぐねてしまうこともあると思います。
その場合は冷凍保存がおすすめです。
普通の玉ねぎの冷凍保存と同じで、スライス、みじん切りなどの形で冷凍できます。

IMG_1597
冷凍のものを使用するときは、解凍しないでそのまま炒めるようにしましょう。解凍すると玉ねぎが水分がたくさん出てべしょべしょになるので凍ったまま火にかけるのが良いです。
また炒めた状態での冷凍保存も可能なので、炒めたものを冷凍保存しておくと料理の時間短縮にもなります。

まとめ

IMG_1599

新玉ねぎのスライスのおかか和え、冷奴の薬味、サラダ、新玉ねぎの丸ごと煮、お味噌汁などなど。
この季節しか味わえない「新玉ねぎ」を上手に保存して無駄なく美味しくいただきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする