NHKのあさイチでやっていた「みそバタースープ」を作ってみました。

みそバタースープ

仕事に、家事育児。日々時間に追われて毎日の献立がとても面倒に思えたりします。
そんな時はテレビの料理番組や、料理コーナーを参考にしたりしています。

今回は、3月30日にNHKの「あさイチ」の中の料理コーナーでやっていた
「みそバタースープ」を作ってみました♪

みそバタースープの材料、分量

IMG_1674

キャベツ    二、三枚
玉ねぎ       4分の1
かぼちゃ    60グラムくらい
(テレビでは人参 三センチでしたがかぼちゃが余っていたので)

キヌサヤ     6枚
(テレビではインゲン5本でしたがインゲンが高かったのでキヌサヤにしました)

ベーコン     1枚
しいたけ     1枚
バター         大さじ1
出汁           3カップ
味噌            大さじ3

作り方

材料を切る。

IMG_1673

キャベツは三センチ角くらい。
玉ねぎはくし切り。
かぼちゃは短冊切り。
ベーコン、キヌサヤは食べやすい大きさに切る。
しいたけはスライス。

鍋にバターを溶かし具材を入れる。

IMG_1672

焦げ付かない火加減で3分程度かけてゆっくり炒める。

IMG_1670

野菜に火が通ったら出汁を加え煮立たせる。2分ほど煮込む。
味噌を溶く。

IMG_1667

みそバタースープの出来上がり♪

副菜

番組ではほうれん草の炒めおひたとジャガイモの塩昆布和えの二点を副菜として紹介していました。

ほうれん草の炒めおひたし

材料

ほうれん草         1把
オーリブオイル    大さじ1
削り節                3グラム
熱湯                   100ミリリットル
醤油                   小さじ2

作り方

ほうれん草を4センチくらいに切る。
熱湯に削り節を入れる。1分くらいたったら醤油を入れる。
フライパンにオーリブオイルを入れて、ほうれん草の茎から炒める。2分ほど炒めた頃に葉も入れて炒める。
ほうれん草を器に盛り、ツユをかけて出来上がり。

ジャガイモの塩昆布和え

材料

ジャガイモ       1個
塩昆布             20グラム
バター             小さじ1

作り方

ジャガイモをしっかり洗い、濡れたままラップに包む。
レンジ600ワットで3分30秒。
熱いうちにジャガイモの皮を剥く。
ジャガイモを一口大に切って、塩昆布とバターで和えて出来上がり。

IMG_1676

オススメの副菜

相談者さんは「和食のおかずを」との希望でしたので、番組では副菜も和食カラーのものでしたが、お肉やお魚がないと寂しいという人もいますよね?

そこで、私のオススメの副菜を二品紹介します。

簡単ポークチャップ

IMG_0352

材料

豚ロース肉          二枚
玉ねぎ                4分の1
サラダ油             大さじ1
★ケチャップ       大さじ3
★ウスターソース 大さじ3
★酒                   大さじ2
★砂糖                小さじ1

作り方

筋切りした豚肉に塩コショウをする。
熱したフライパンにサラダ油を玉ねぎをサッと炒める。
玉ねぎを一旦お皿に取り出し、今度は豚肉を両面こんがりと焼く。
肉に火が通ったらフライパンに★の調味料と、一旦取り出した玉ねぎを入れ沸騰させ焦げないように絡ませたら出来上がりです。

鮭のムニエル

IMG_0866

材料

鮭               二切れ
小麦粉         適量
サラダ油      大さじ1
バター         大さじ2
茹で卵        2個
マヨネーズ   大さじ2

作り方

塩コショウをした鮭に小麦粉をまぶす。
熱したフライパンにサラダ油とバターを入れ、余分な粉をはたき落した鮭を入れる。
バターを焦がさないように鮭を両面焼く。この時、スプーンでバターをすくって鮭にかけながら焼いていきます。

潰した茹で卵にマヨネーズと塩コショウをして添えます。
もしあれば、市販のタルタルソースを少し混ぜるとグッと美味しくなりますよ♪

まとめ

IMG_1666

色々な食材の組み合わせができると思います。
使い残しの食材の在庫一掃ができて手早く作れるのが嬉しいですね。

そして合わせる副菜は、バターの風味とお味噌の風味と両方あるので「和」「洋」どちらでも大丈夫♪

この日の放送では、今話題のホエイを素材にしてパンやソーダなどを製造販売している牧場が「ピカピカ☆日本」のコーナーで紹介されていました。

NHKって少しお堅いイメージもありますが、イノッチをメインキャスターとして、彼の柔らかいキャラクターで若い人から私のような中高年にも親しみやすい番組となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする