必見!!2017年は兼六園でお花見をしよう。桜の開花や見頃の情報多数あり!

必見!!2017年は兼六園でお花見をしよう。 お花見

兼六園の桜の見ごろや混雑状況、混雑を避ける方法など、お花見に必要な情報をお届けします。

必見!!2017年は兼六園でお花見をしよう。

http://www.pipuru.jp/db_img/cl_img/284/photo/1161.jpg引用

兼六園の桜はどうして有名なの?

兼六園は、約11万平方メートルの面積を誇る林泉廻遊式の大名庭園です。

さくらも、ヒガンザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラなど約40種の桜を楽しむことができます。

見頃も種類により時期が違うため、長い間お花見ができます。

なかでも4月下旬に見頃となるめったにお目にかかることはない、ケンロクエンクマガイザクラ、ケンロクエンキクザクラは見る価値があります。

見ごろのころに行ってみてはいかがでしょう。

兼六園の桜、開花はいつ?見頃は?

兼六園の桜の見頃は、4月上旬~4月下旬

さくらは、ヒガンザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラなど約40種の約420本

兼六園へのアクセス

場所

石川県金沢市兼六町

営業時間

7:00~18:00(兼六園観桜期無料開園期間中は~21:30まで)

年中無休

アクセス

JR金沢駅から北陸鉄道バス東部車庫行き乗車15分

兼六園下下車、徒歩3分

お車でお越しの方

北陸自動車道金沢西ICから県道25号を経て、国道157号を兼六園方面へ車で7km、

または北陸自動車道金沢東ICから国道359号を兼六園方面へ車で6km。

駐車場

有料駐車場あり(554台)

兼六駐車場 1時間350円

入園料はどのくらい?

入園料

大人310円

小人100円(兼六園観桜期は無料)。

詳しいお問合せは金沢城・兼六園管理事務所(TEL:076-234-3800)

または金沢城と兼六園にてご確認ください。

兼六園の桜のライトアップはあるの?

桜のの開花に合わせライトアップ実施しています。

ライトアップも入園料が無料です。

兼六園の桜のライトアップも楽しむことができます。

ライトアップ期間は午後9時30分まで開園。

夜桜では桜の言葉では表せないほどの美しさを満喫できます。

兼六園の桜の混雑はどのくらい?避ける方法は?

兼六園は例年約39万人がお花見に訪れるお花見の有数の名所です。

通常兼六園は入場料が必要ですが、桜の期間は無料開放期間であり、かつその期間が短く設定されていることから、かなりの混雑します。

平日も混雑し、兼六園周辺の駐車場は満車で、周りの道路が渋滞します。

桂坂口よりも、真弓坂口の方が混雑は少ないというので、真弓口のほうに行ってみてはいかがでしょう

お花見の穴場はないの?

花見橋

必見!!2017年は兼六園でお花見をしよう。2

http://nacchan.net/ishikawa/wp-content/uploads/2013/08/kennroku-1q.jpgi引用

 

別名“勅使橋”“観花橋”は、ここから見る花が美しいことからその名がつきました

桜やカキツバタが美しいそうです。

4月は桜花、5月は曲水のカキツバタやツツジの眺めが美しく見えることからこの名が付きました。

曲水に架かる月見橋、雪見橋と合わせて三橋といいます

お花見のあとは茶屋で一休み!!

必見!!2017年は兼六園でお花見をしよう。3

http://image.jp-anex.co.jp/photo/70378.jpg引用

 

兼六園の桂坂口の右手方には茶店通りが有ります。

兼六園開園時の明治時代からあるそうで、有名な清水亭をはじめ、兼六亭、三芳庵などのお団子、お抹茶、料亭、軽食、お土産屋など、お花見のあとに、お茶や食事を楽しみその後お土産を買うなど、いろいろな楽しみ方ができる、茶屋どおりになっています。ぜひ立ち寄ってみてください!

名物「兼六だんご」は、絶品‼

ぜひ、兼六園に来たら、お召し上がりください。

必見!!2017年は兼六園でお花見をしよう。4

http://www.kanazawabiyori.com/guide/kenrokuen/images/trivia/id101.jpg引用

兼六園のお花見、屋台は出るの?

お花見といったらやっぱり屋台!!ですよね(^◇^)

伝統ある庭園の周りに屋台?ってあるのかなぁ?

焼そば

たこやき

やきとりなど

定番の屋台が10店舗ほど出ます。

まとめ

兼六園の桜の見頃は、4月上旬~4月下旬で、ヒガンザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラなど長く、桜が楽しめる。

ライトアップ期間は午後9時30分まで開園し、美しい夜桜を楽しむことが出来ます。混雑を避けて兼六園の桜を楽しむには、真弓坂口がおすすめ

お団子、お抹茶、料亭、軽食、お土産屋の茶屋がありお花見のあと楽しむことができます。

めったにお目にかかることはない、ケンロクエンクマガイザクラ、ケンロクエンキクザクラを楽しみ、お花見のあと兼六団子を楽しむために兼六園でお花見してはどうでしよう。

お花見
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました