ジェルネイルの落とし方!自宅で爪を傷付けずに落とす。

IMG_1874

最近は、自宅でも簡単に自分でジェルネイルができる時代になりました。

ジェルネイルキットなどもお手軽に手に入りますよね。

ですが、ジェルネイルをしたものの、落とし方を間違ってしてしまっている方はいませんか?

そんな方の為に自宅で爪を傷付けずにジェルネイルを落とす方法を紹介させて頂きます。

ジェルネイルと普通のネイルの違いって?

ジェルネイルとジェルを使わないネイルの違いをみなさんはご存知でしょうか?

普通のネイル

IMG_1881

ジェルを使わないネイル。一般的に言う「マニキュア」です。
専門用語を使うとポリッシュと言います。

簡単に違いを説明すると、「マニキュア」はジェルネイルと違って爪自体を削ったりとゆう手順が要らない為、爪に負担をかけません。

ネイルオフする際も除光液とコットンを使えば簡単に落とすことができます。

デメリットは、持ちがあまり良くないとゆう面ですね。

ジェルネイル

IMG_1882

逆に「ジェルネイル」は、ジェルで爪表面を固める為、持ちがとても良いです。

1ヶ月近くは持ちます。

そしてジェルによる独特の光沢感があり指をさらに美しく見せてくれます。

ジェルで固めるので、爪が折れたり二枚爪になったりとゆうトラブルを減らしてくれます。

こちらのデメリットととしては、ネイルオフの際に
普通の除光液とコットンでは落とすことができません。

ネイルサロンに行ってオフしてもらうのが一番爪に優しい方法です。

そして爪を削ってジェルネイルカラーをしていく為爪を必然的に傷付けてしまいます。

絶対NGな落とし方!

IMG_1883

ジェルネイルを自宅で落とす事はできますが、絶対にやってはいけない落とし方をザッと説明します。

爪は、髪の毛も同じ成分のケラチンでできています。なので、丈夫そうに見えて実は割れやすいんです。

1.無理矢理剥がす

これは持っての他です!

絶対にNGです。

爪とジェルの間を削っている為、少し隙間が空くと簡単にペリッと剥げそうな感じがしますよね。

ですが剥いでしまうと爪の層も一緒に剥がしてしまい白くガサガサになり、薄くなって爪を痛めてしまいます。

2.除光液で落とす

同じネイルだし、除光液で落とせるんじゃないの?と思いがちですよね。

除光液はマニキュアを落とす成分しか入ってない為、ジェルネイルを落とそうとするとかなりの時間が掛かってしまいます。

時間が掛かると同時に労力と、更に爪に負担をかけてしまいます。

3.爪やすりで削る

IMG_1875

この方法は、間違いではありませんが、わたしたち素人の目だとどこまでが爪でどこまでがジェルなのか…とゆうのが分かりません。その為、爪を痛めてしまう可能性が高いのであまりオススメはできません。

用意する物

ジェルネイルを自宅で落とすのに、いくつかの道具が必要です

  • ジェルリムーバー
  • コットン
  • アルミホイル
  • はさみ
  • メタルプレッシャー
  • 又は、オレンジウッドスティック
  • 粗めのファイル(爪やすり)

手が荒れやすい方は、ゴム手袋も用意して置いた方が良いですね。

ジェルリムーバーは今では100均でも売ってあるのでそちらを利用しても全然大丈夫です。

全て100均で揃いますよ。

ジェルネイルを落とす手順

IMG_1880

まずは、アルミホイルとコットンをカットしておきます。

コットンは爪より少しはみ出るくらいよサイズに切っておきます。

一般的なコットンのサイズでしたら大体6等分したくらいの大きさです。

アルミホイルは10センチ四方くらいの大きさに切り、全辺を1センチほど折り返しておきます。

リムーバーが爪から流れて皮膚につくのを防ぐ為です。

次にジェルの表面をファイルで粗く削っていきます。

リムーバーを馴染みやすくする為に削っていくので、ジェルが少し剥げる程度で構いません。

この時自爪を傷付けないように丁寧に行ってください。

コットンにリムーバーをたっぷり含ませて、爪の上に乗せます。

そしてその上からアルミホイルをコットンの上を包む様に被せていきます。

アルミホイルを巻く事で、リムーバーの蒸発を防ぎ効率よく落とすことができます。

あらかじめ折り返しておいた部分が、妻の根元にくるようにしてください。

この時、密室で行うと気分が悪くなったりするので、しっかりと換気を行ってくださいね。

ここから10分〜15分ほど時間をおきます。

更に効率をアップさせるにはビニール手袋があると良いですね。

リムーバーが温められオフのスピードがアップします。

ビニール手袋は手に密着しすぎないので、アルミホイルも剥がれません。

絶対に注意して欲しいのが、放置している際は火気厳禁です!

そして時間が経ったら、アルミホイルとコットンを取り、浮いてきたジェルをウッドスティックなどで少しずつ優しくそぎ落としながら剥がしていきます。

軽くこすってポロポロと剥がれていくのが目安です。

強くこすりすぎて爪を痛めないように注意してください。

全てジェルが落ちたら、最後はケアをしっかりとしてあげましょう。

ネイル用のキューティクルオイルや、ない場合はハンドクリームでも構いません。しっかりと保湿を行ってください。

もし、ジェルが残ってしまっている場合は無理矢理剥がしたりせずらもう一度コットンとアルミホイルを使って、時間を置いて、優しくウッドスティックでそぎ落としてください。

まとめ

IMG_1876

いかがでしたか?

意外とネイルサロンに行かなくても自宅でジェルネイルは簡単に落とすことができるんですよ。

普通のポリッシュに比べたら時間や手間は掛かりますが、ネイルサロンに行く事を考えたら、凄くお手軽ですよね。

爪に一番優しい方法はネイルサロンですが、今回紹介したように、自宅で落とすのも可能なので、是非こちらを参考にしてみてくださいね♩

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする