シミは薄いうちにケア!薄いシミを消す方法

シミ シミ

たとえ薄いシミでも、美肌を損なうことに変わりはありません。顔にできてしまった薄いシミは、濃いシミと同じく、女性にとっては悩みの種です。

また、年齢を重ねることで、シミは大きくなったり、色が濃くなったりします。

薄いシミのうちにケアをしておけば、新たなシミを予防することにもなり、美肌を保つことができるでしょう。

スポンサーリンク

薄いシミでもシミはシミ

薄い

薄いシミでもシミはシミです。メラニン色素が沈着した状態であることに変わりはありません。

しかし、薄いシミは、シミの部分と周囲の正常な皮膚のメラニン色素の濃度の差が小さくなっています。

元々メラニン色素がかなり少ない色白の方の薄いシミは、色黒の方の正常な肌よりメラニン濃度が低いのです。

このため、色の薄いシミを治療することは可能ではありますが、一筋縄ではいかないのだとか。

それでも薄いシミとは言え、そのままにすることは女性にとっては苦痛となることも多いですよね。

スポンサーリンク

薄いシミを消す方法

シミ

薄いシミを消す方法としては、医療的な治療やメイクなど、いくつか選択肢があります。

それぞれの特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめました。

治療によって薄いシミを消す方法

医療レーザーや塗り薬による治療があります。医療レーザーなら美医療クリニックなどに、塗り薬であれば皮膚科医に、まずは相談をしましょう。

レーザー治療

薄いシミはメラニン濃度が極めて低いので、レーザーの照射出力をかなり高くする必要があり(ハイパワーレーザー)、炎症後色素沈着の問題が生じます。また、炎症後色素沈着が元の薄いシミより濃くなるケースが稀ではないそうです。

炎症後色素沈着は一時的なものですが、消えるまでには通常半年~1年くらいかかるそうですから、ちょっと嫌な問題ですね。

肝斑などのシミがなく、色白の方で、色素沈着のことを理解されていれば、選択肢の一つと考えてよいでしょう。

トレチノイン

トレチノインは皮膚のターンオーバーを促進する塗り薬で、通常、メラニンの産生を抑えるハイドロキノンと一緒に使われます。

トレチノインの作用で、メラニンの外部への排出を促進する治療法です。

この治療では、一定期間肌の赤みが出たり皮膚の表層が角質片となってはがれたりします

肝斑などがあり、ハイパワーレーザーを照射すると色素沈着が強く出そうなケースに向いた治療法です

メイクで薄いシミを消す方法

一番手っ取り早い方法として、メイクで消す方法(=隠す)もあります。ファンデーションではなく、コンシーラーを上手に使うのがコツです。

コンシーラーは、肌よりワントーン暗めのものを選びます。「肌になじませて目立たなくする」という感覚がポイントです。

ピンポイントで気になるシミには、固形のもの(鉛筆タイプ、スティックタイプなど)がおススメですが、広範囲で気になる薄いシミには、筆タイプやリキッドタイプを全体になじませるようにします。

スポンサーリンク

薄いシミを予防する方法

消す方法

たとえ薄いシミでも気になるのですから、これ以上シミを作らないためにも対策をしましょう。

日焼け対策をして、薄いシミを防ぐ

シミを作る主な原因は紫外線ですから、まずは日焼けを予防することが大切です。

基本として、日焼け止めの使用は必須です。場合によっては帽子や日傘、マスクなどを用いると良いでしょう。目から入った紫外線がメラノサイトを刺激して、シミの原因になることもあると言われていますので、日差しの強い時にはUVカット機能のあるサングラスをかけるといいかもしれません。

一日のうちで紫外線が多いのは、10時から14時の間です。この時間帯には、できるだけ外を出歩かないように心がけましょう。散歩やジョギングなどは、朝や夕方に行くようにすると良いでしょう。

美白化粧品で薄いシミを予防する

毎日のスキンケアに、美白化粧品を取り入れることも考えてはいかがでしょうか。

美白化粧品を使うことで、シミをできにくくしたり、増えにくくしたりすることが期待できます。

美白化粧品を取り入れるときは、美容液がおススメです。成分を濃縮して配合している商品が多いからです。美白成分が配合されている医薬部外品であることを確認しましょう。

また、毎日使い続けることができる価格のものを選ぶことをお勧めします。美白化粧品は使い続けることに意味があるので、継続できる価格かどうかを確認してください。

スポンサーリンク

まとめ

薄いシミでも気になるのが女性心理ですし、色白の方は薄いシミでも目立ちやすいので、そのままにするのは女性にとっては苦痛となりますね。

薄いシミを消す方法をいくつかご紹介しました。それぞれ一長一短がありますから、ご自分のシミや肌のタイプ、またお財布と相談して、一番合った方法を選んでみてください。

また、普段のスキンケアが大切なのは、言うまでもありません。普段から正しい洗顔法やスキンケアを行い、肌を健やかに保つことを心掛けてくださいね。

シミ
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました