唇にシミができてしまった!唇のシミを消す方法を知りたい

唇のシミ シミ

顔と同じように、唇にもシミができます。

いつの間にか唇のシミができていて、気にしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

唇のシミ、「どうせ消えないから…」と諦めていませんか?

唇のシミも、他の部分にできるシミと同じ色素沈着ですから、原因を知り、適切なケアをすることで、薄くしたり消したりすることができます。

スポンサーリンク

唇のシミの主な原因は、紫外線とメイク

唇のシミ

通常の肌と異なり、唇には肌を守る働きのある皮脂を分泌する皮脂腺がありません。つまり、唇は刺激に対して非常に無防備で、シミができやすい部分だということです。

唇のシミも、顔にできるシミと同じ色素沈着であり、主な原因は紫外線です。しかし、意外な原因として、口紅などの化粧品があります。

クレンジングの際に口紅をきちんと洗い流さないと、口紅に含まれる成分が色素沈着を引き起こす原因になります。

その成分とは、タール色素と油分です。油分は、口紅の色が落ちてしまっても唇に残っており、紫外線と反応して色素沈着の原因となると言われています。

スポンサーリンク

唇のシミには、病気が隠れている?

消す

唇のシミには、病気が原因のものがあります

もちろん全てのシミが有害なものではありませんが、有害か否かを素人が判断することはできません。

紫外線や化粧品など、思い当たる節がないのに、突然シミができたり増えたりした場合には、医療機関を受診してみましょう。

スポンサーリンク

唇のシミができてしまっても、消す方法はある?

方法

唇のターンオーバーは約5日ですので、唇のシミができてしまっても、きちんとしたケアをすることで、シミを薄くすることができます

クレンジングの見直し

唇は刺激に弱いので、オイルクレンジングや拭きとりクレンジングなどは避けた方が無難です。クリームクレンジングや水性ジェルクレンジングで、優しく撫でるようにして落としましょう。

リップパックでの保湿

唇に潤いを与え続けることで、シミが薄くなる効果が期待できます。定期的なリップパックをすると良いでしょう。

パックは、唇など粘膜に使用できないものも多いので、唇にも使用できるものをきちんと選んでください。泥パックなど、保湿効果の高いものが効果的です。

また、リップクリームを塗った上からラップを乗せ、約1分おく簡単リップパックもおススメです。

スクラブでの色素排出

パックでの効果があまり実感できない時や、早く効果を出したい場合は、保湿ケアの前に、スクラブでのケアをすると、より効果的になります。

スクラブは、古くなった角質を取り除いて沈着した色素の排出を促します。

スクラブを選ぶ時には、「マイクロビーズ」を使用していない、植物性のものを選びましょう。マイクロビーズはプラスチックの粒子であり、環境汚染や人体への影響も懸念されています。

シミ消しクリーム

すぐに効果を試したい方は、ドラッグストアなどで手に入るシミ消しクリームを試してみてもいいでしょう。

こちらの記事も参考にしてみてください。

唇のシミ取りに効くクリーム7選
みなさんこんにちは!今回記事を担当するイズミです。 私は女子大生なので、まだ唇にシミがありませんが これから先、シミが出来ないようにするために、 毎日保湿を忘れずにするようにしています! 特にお風呂上がりは必須だと思っていま...

レーザー治療

唇のシミも、通常のシミと同じくレーザー治療で消すこともできます。美容皮膚科など専門医に相談してみると良いでしょう。

唇のターンオーバーは早いので、傷もきれいに、早く治るそうです。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、皮膚科で処方してもらえる薬の成分です。

保険適用外ですが、唇のシミを薄くする効果や予防する効果があります。

スポンサーリンク

唇のシミを予防する

方法

唇のシミも、できてしまう前に予防しておくことが大切です。

UVケアのリップクリームを使う

唇のシミの主な原因は紫外線ですから、紫外線を防御することがシミ予防に効果的です。

UVケア効果のあるリップクリームが市販されているので、外出する時には塗るようにしましょう。

リップクリームはきちんと落とす

リップクリームも化粧品です。きちんとクレンジングをして、油分を落とすことを忘れずに。

口紅の成分に気をつける

石油から作られたタール色素は、シミをできやすくするほか、発がん性があるとされています。

また、落ちにくい口紅に配合されている『シリコン系合成ポリマー』は、人体に有害な場合があると言われています。

スポンサーリンク

まとめ

唇のシミの原因と対処法について見てきました。

唇はターンオーバーが早く、唇のシミは消えやすいですが、一方で、刺激に弱い唇が紫外線などの刺激にさらされ続けると、色素沈着が続き、シミを消すことができません。

唇のシミを消す方法はありますから、諦めずに適切なケアを行い、健やかで美しい唇を保ちましょう。

シミ
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました