意外と長い冬、暖房代を抑える寒さ対策についてご紹介します

暖房代 生活

これから、どんどん寒くなりますね。

皆さんは、暖房器具をいつぐらいから、いつぐらいまで使いますか?

早ければ11月くらいから、長い時には3月頃まで使いますよね。

夏クーラーを使うより、長い期間使う暖房。

暖房器具は、消費電力も高いため、どうしても暖房代が高くなりがちです。

そこで、意外と長い冬、暖房代を押さえるための寒さ対策について、まとめてみました。

スポンサーリンク

暖房代を押さえる寒さ対策 着る物の見直し

暖房代

外では厚着をしているのに、室内では薄着をして暖房器具に頼っていませんか?

室内でも厚着をすれば、その分暖房代を抑えることができます。

素材は毛糸やフリースのものが、細かい毛の中に暖かい空気を閉じ込めて、着るだけで暖かくなります。

また、最近はヒートテックなどの防寒用のアイテムがたくさん販売されているので、これらを中に着込めば、着膨れせずにスッキリ重ね着ができますね。

首元を温めるスカーフ

服を着こんでも、首元は意外と無防備ですよね。

ハイネックのセーターなどを活用するほか、スカーフを巻くのもいいですよ。

スリッパやルームソックスを履く

特にフローリグはひんやりとしますよね。

そんなときは、素足ではなく、スリッパやルームソックスを履くだけでも、足元から暖かくなりますよ。

毛布に包まる

毛布にくるまるなんて、と考えてしまいがちですが、最近は「着る毛布」という商品も販売されているので、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

暖房代を抑える寒さ対策 足元を温める

寒さ対策

「頭寒足熱」という言葉を聞いたことがあると思います。

頭寒足熱にすると、よい睡眠をとることができたり、健康維持につながったりするので、暖房代を抑えるだけではないので、活用しましょう。

足元を温めると暖かさを感じやすい人体ですが、暖かい空気は上昇して上に溜まりやすいため、足元から冷えてきます。

断熱シートの活用

カーペットや絨毯を敷くときに、床とカーペットの間に断熱シートを敷きましょう。

これで、寒い側と暖かい側の間に熱を伝えづらくなりますので、暖房代を抑えることができます。

湯たんぽの活用

湯たんぽと言うと、寝る時にお布団に入れて、というのが一般的ですが、起きている時にも足元を温めるのに使うと効果的です。

もちろん、就寝時は、お布団の中に湯たんぽを入れましょう。

電気毛布と違い、喉が渇いたりすることもなく、乾燥予防もできますよ。

スポンサーリンク

暖房代を抑える寒さ対策 暖かい環境づくり

寒さ対策

暖房器具を使うにしても、冷気が外から伝わってきたりすると、暖房効率が下がり、暖房代を抑えることができません。

そこで、家や部屋を暖かい環境にすることが、肝要になります。

窓の防寒対策

窓を閉めていても、室内の熱はが窓から逃げ、また外気の冷たさが窓を通して室内に伝わってしまいます。

そこで、窓の防寒対策が必要になります。

まずは、雨戸があれば、必ず閉めましょう。

また、厚手のカーテンをつけることもおススメです。

薄いカーテンと比べて保温効果が優れており、室温が2℃は違うと言われています。

長いカーテンを使うと、結露をし易くなるので、結露防止シートなどを活用するといいでしょう。

湿度を高く保つ

夏、湿度が高いとより暑さを感じますよね。

同じことが冬にも言えます。

つまり、湿度が高い方が暖かさを感じやすくなるんです。

そこで、加湿器を使ったり、洗濯物の室内干しをしたりして、室内を加湿するといいですよ。

適した湿度は、50%前後です。

スポンサーリンク

暖房代を抑える寒さ対策 扇風機の活用

暖房代

冬に扇風機を使うというと、驚かれる方もいらっしゃるかと思います。

が、暖かい空気は上昇して、天井部分で停滞しがち。

扇風機やサーキュレーターを利用して、人に当たらないように風を送ることで、暖かい空気が室内を循環しますので、寒さ対策になるんです。

スポンサーリンク

暖房代を抑える寒さ対策 暖房器具の選択と温度設定の見直し

抑える

エアコンやファンヒーターなど、暖房器具もいろいろありますよね。

それぞれに、消費電力が異なりますので、必然的に暖房代も違ってきます。

そこで、暖房器具の選び方が大切になります。

暖房器具の選択

エアコンやファンヒーターなどは、直接熱を感じるこたつやホットカーペットなどのサブ暖房より寒く感じやすいです。

そこで、サブ暖房と併用して使うのがおススメです。

消費電力の差があるので、組み合わせた方が電気代を安く抑えることができます。

設定温度の見直し

上述の通り、エアコンやファンヒーターは、寒く感じやすい面があり、ついつい設定温度を上げてしまいがちですよね。

エアコンの設定温度を1℃下げると、電気代は10%ほど削減できると言われています。

設定温度の目安としては、20℃~22℃にすると良いでしょう。

スポンサーリンク

暖房代を抑える寒さ対策 暖房器具は早めにOFF

寒さ対策

寒冷地以外の地域では、外出する15分前には暖房の電源を切ることをおすすめします。

部屋はすぐには冷えないので、寒さを感じることなく、電気代をカットできますよ。

スポンサーリンク

暖房代を抑える寒さ対策 エアコンの使い方

暖房代

エアコンを漫然と使っていませんか?

まず、設定を弱運転ではなく、自動運転に切り替えましょう。

自動運転の方が、電気代は安く済みます。

また、エアコンのフィルターを2週間に1度は掃除しましょう。

フィルターがきれいなら、暖気をスムーズに排出できるので、無駄な電気代がかかりません。

電気代を約5%節約できると言われています。

スポンサーリンク

まとめ

暖房代を抑える寒さ対策について、いろいろとご紹介しました。

まずは、暖房に頼りすぎず、厚着をしたり、部屋の断熱をしたりするのがポイントですね。

暖房代は、意外と高くなってしまいがちですから、家計のためにも寒さ対策をして、暖房代を抑えるようにしましょう。

生活
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました