七五三の写真撮影 いつから前撮りできる?後撮りはいつまで?写真撮影の疑問にお答えします

七五三 七五三

お子さまの成長を祝う七五三。

せっかくお子さまも着物やスーツ、ワンピースなどの正装をするのですから、可愛い写真を残しておきたいですよね。

やっぱり可愛い写真は、きちんと写真館で撮影したいところ。

では、写真撮影の予約はいつ頃すればいいのでしょうか。

また、いつから前撮りでき、いつまで後撮りできるのかも知っておきたいですね。

そこで、ここでは七五三の写真撮影について、いつから前撮りできるのか、いつまで後撮りできるのか、などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

七五三の写真 いつ撮る?

七五三

七五三と言えば、以前は、神社での祈祷やお参りと、その後の食事会などがメインでした。

しかし、今時の七五三は、お参りよりも写真館での写真撮影がメインとなっているみたいですね。

さて、写真館では、着物や洋服を何着も着たり、ヘアメイクをしたりして、何ポーズも撮るなど、撮影が終わるまでに何時間もかかることもあります。

七五三を祝うような小さなお子様は、もうそれだけで疲れてしまってぐずってしまったり。

同じ日に神社へのお参りや食事会に行ったりするのは、お子様には酷というものです。

そこで、今は写真館での撮影は、前撮りや後撮りが一般的になっています。

写真撮影の一日と、お参り+食事会などの一日と、日程が二日必要になりますが、お子さまも疲れず、ゆったりとできますね。

スポンサーリンク

七五三の写真 いつから撮れる?

写真

結論から言うと、一年中、いつでも撮ることができます。

神社へのお参りは、11月15日を基本として、前後の土日に行かれる方が多いと思いますが、写真撮影だけであれば、一年中写真館で撮ってもらうことができるんです。

ただし、お正月は晴れ着の撮影をする方が多いため混雑しているので、それ以外の時期になりますね。

スポンサーリンク

七五三の写真 前撮りはいつから?メリットは?

いつから

七五三の写真の撮影のピークは、10月~11月です。

この時期に七五三の写真を取ろうとすると、混んでいますので、予約も取りづらいですし、料金もお高め。

そのため、前撮りや後撮りをする方が多く、特に前撮りが人気です。

七五三の写真 前撮りのメリット

お子さまが着付けに慣れて、神社へのお参りの日に、ぐずりにくくなります。

また、年末は忙しかったり何かとお金が出ていったりする時期ですし、一方、撮影のピークの10月~11月は料金が割高になることが多いです。

写真館では、早期割引のキャンペーンをやっている場合が多いので、利用しない手はないですよね!

七五三の写真 七五三期間中の当日撮影のメリット

着付けや予定の調整は当日の一日だけで大丈夫ですから、親御さんがお忙しい場合や、両家の祖父母と予定を合わせるのが難しい場合などは、当日撮影の方がいいかもしれません。

また、着付けによるお子さまの負担も一度だけで済みます。

ただ、当日は混みますし、当日一日にかかるお子さまへの負担は、どうしても大きくなってしまうのがデメリットでしょう。

前撮りキャンペーンとは?

七五三の写真撮影のピークとなる10月~11月は混雑するため、どこの写真館でも料金が割高になる傾向があります。

一方、七五三より早い時期に撮る前撮りの場合には、混雑を避けてもらうためのキャンペーンを行う写真館が多いです。

七五三の前撮りキャンペーンは、一般に、4月~5月頃から始まりますので、要チェックですね。

キャンペーンでは、撮影料や衣装代が安くなったり、お参りの着物を無料で借りられるなどのかなりお得な特典がついていたりします。

どんな特典かは、写真館によって異なりますから、こちらも要チェックですよ。

前撮りはいつ撮るのがベスト?

さて、前撮りをすることに決めたら、今度は、いつ頃撮るのがいいかを悩みますよね。

答えは、夏の日焼け前の前撮りがベター。

写真館の方におススメの時期をおたずねすると、下記の順位に。

  1. 5、6月
  2. 7、8月
  3. 9月以降

男の子は、日焼けをしても精悍な感じが出ていいかもしれませんが、女の子はせっかく着物を着るのなら、できるだけ色白で撮りたいですものね。

スポンサーリンク

七五三の写真 後撮りはいつまで?メリットは?

いつまで

前撮りが一般的な七五三の写真ですが、お参りを先にして、後撮りにすることもできます。

キャンペーンはありませんし、12月に入ると成人式の撮影で混雑してきます。

ですから、あまりおススメではありませんが、前撮りの予約ができなかった場合や、数え年で七五三のお祝いをされる方は、後撮りもよいでしょう。

数え年でお祝いをされるお子さまは、あまり早く前撮りをしてしまうと、七五三当日よりずいぶん幼い印象になってしまいます。

その場合は、後撮りの方がメリットがあると言えるでしょう。

ただし、後撮りとはいえども、なるべく早く撮影するようにしましょう。

そうすれば、年賀状にお写真を使えて、お子様の成長を周囲の方にご報告できますよ。

スポンサーリンク

七五三の写真 いつが安い?

七五三

上でご説明したとおり、七五三の時期の撮影は、料金が割高ですし、後撮りではキャンペーンもありません。

前撮りの場合は、料金自体も割安ですし、様々な特典があるので、一番お安いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

七五三の写真撮影は、一年中いつでもできますが、おススメは4月~6月の前撮りです。

夏の日焼け前なので、美しい写真が残せますよ。

ですが、撮影日を決めるには、ご家族全員の予定を合わせないとならず、なかなか難しい場合もありますね。

その場合には、当日撮影や後撮りという選択肢もあります。

まずはお子さまのことを一番に考え、その上でご家族の予定に合わせて、いつ撮影するかを決めるといいですね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました