ノートパソコンの購入 HDDとSSDどっちを選ぶべき?

ノートパソコン パソコン

パソコンの記録装置といえば、HDD(ハードディスクドライブ)が一般的です。

しかし、最近、「SSD搭載」というパソコンも見かけるようになってきました。

HDDの代わりの記録装置として、SSD(ソリッドステートドライブ)が使われているパソコンです。

では、SSDとはどんな記録装置でしょうか。

また、HDDとの違いはどんなもので、それぞれのメリットとデメリットはどうなっているでしょうか。

ここでは、ノートパソコンを購入するとき、HDD搭載のものを選ぶかSSD搭載のものを選ぶか、それぞれのメリット・デメリットを見ながら、まとめていきます。

スポンサーリンク

そもそもHDDとSSDってどんなもの?

ノートパソコン

 

HDDとSSDでは、データ保存や読み取りの仕組みが異なるため、読み書き速度や、耐衝撃性、価格など、その性能や信頼性において、それぞれ得手不得手があります。

そこで、まずは、HDDとSSDについて、基本的な性能や特徴をご紹介します。

HDD(ハードディスクドライブ)

HDD(ハードディスクドライブ)は、データの記録装置です。

例えるなら、本棚のようなものですね。

HDDは、磁気を帯びた、ガラスやアルミでできた「磁気ディスク」と呼ばれる円盤状の情報媒体が回転していて、その上を、「磁気ヘッド」と呼ばれるものが移動して、情報の読み書きを行います。

イメージとしては、磁気ディスクはLPレコードプレイヤーのターンテーブル上のレコード、磁気ヘッドは針のついたトーンアームと考えると、わかりやすいかもしれませんね。

HDDの特徴

HDDには、回転用モーターや磁気ヘッドといった非常にデリケートなパーツが内蔵されています。

そのため、振動や衝撃により、高速で回転している磁気ディスクと磁気ヘッドが接触(ディスククラッシュ)して、故障することがあります。

また、モーターや磁気ディスクの駆動音、発熱などが大きいです。

SSD(ソリッドステートドライブ)

SSD(ソリッドステートドライブ)は、HDDと同じくデータの記録装置ですが、USBメモリーなどと同じように、メモリーチップにデータを読み書きします。

SSDの特徴

メモリーチップを用いているので、駆動装置が不要なため、静音性に優れています。

また、衝撃や振動にも強く、省エネでもあります。

さらに、HDDのように磁気ヘッドがデータのある場所に移動するという必要がないため、データの読み書きの性能は、HDDより優れています。

ただし、HDDに比べて容量を増やすことが難しく、価格も割高です。

スポンサーリンク

HDD vs SSD それぞれの得手不得手

HDD

さて、上記のように仕組みが異なるために、特徴や性能に違いのあるHDDとSSDですが、それぞれに得手不得手があるため、一概にどちらが優れているとは言いにくいです。

読み取り速度と書き込み速度

読み取り速度は、フラッシュメモリと並列処理のSSDが、HDDより優れています。

しかし、フラシュメモリの書き込み性能は、HDDの10%程度です。

ただし、SSDはTrim機能と並列処理でHDD以上の数字となります。

耐衝撃性

HDDは、磁気ヘッドが物理的に動いているため、衝撃を与えるとあっさりと壊れてしまいます。

一方SSDは、磁気ヘッドなどの必要のないメモリーチップを使っているので、衝撃に強くなっています。

耐熱と発熱

HDDは熱に弱く、高温の環境で使っていると一気に寿命が短縮されますが、SSDはHDDより熱に強くなっています。

またSSDは消費電力が少なく、HDDと異なりほとんど発熱しません。

駆動音

HDDは、モーターが駆動するため、音が発生しますが、SSDは静かです。

消費電力

SSDはHDDより消費電力が少ないですが、CPUやGPUが大きな電力を消費しているので、この差はあまり重要ではありません。

静電気

SSDは、静電気のような電気的な影響に対して脆弱です。

また、自然放電など、HDDとは異なる弱点を持っています。

容量

コスト問題や需要、細分化の問題などで、SSDでは大容量化が進んでいません。

一方で、HDDは無駄に大容量すぎる、という面も。

速度低下

HDDと違い、SSDには速度低下の問題がありますが、Trim機能でほぼ解決できます。

ただし、Trim機能を有効にすると、データ復旧に悪影響を及ぼします。

書き換え回数

HDDと異なり、SSDには書き換え回数があります。

経年劣化

HDDもSSDも経年劣化でダメになりますので、半永久的に使えるわけではありません。

特にSSDは、酸化膜の経年劣化のために、書き換え回数に関係なく、10年程度が限界寿命です。

データ復旧

HDDと違い、SSDのデータ復旧はまだ確立されていない部分が多いです。

また、Trim機能や構造上の問題で、HDDより遥かに復旧が難しくなっています。

価格

圧倒的に、HDDが安いです。

スポンサーリンク

ノートパソコンなら、SSD搭載がお勧め

SSD

ここまで見てきたように、HDDとSSDは、記録する媒体が異なるため、それぞれに得手不得手があります。

結論としては、携帯用のノートパソコンの場合は、消費電力が少なく、耐衝撃性に優れたSSDが有利といえるでしょう。

ただ、外部バックアップなど、データ保存という面では、HDDの方が優れています。

SSD搭載のノートパソコンに、外付けHDDなどにバックアップを取るようにすれば、安心ですね。

スポンサーリンク

まとめ

これまで、パソコンの記録装置といえばHDDでした。

近年、SSDというメモリーチップを使った記録装置が採用されるようになってきて、パソコン購入にあたって、HDD搭載とSSD搭載のどちらがいいのか悩むこともあると思います。

携帯用のノートパソコンの購入に際しては、SSD搭載のものを選ぶ方がメリットは大きいです。

データのバックアップ用として外付けHDDを用意しておけば、SSDのデメリットをカバーできるでしょう。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました