SSDとHDDを併用して、大容量とスピードを両立させよう

SSD パソコン

パソコンを使っていて、起動が遅いな、処理が遅いな、と思ったことありませんか?

これまでは、CPUを交換したり、メモリを増設したりして対処してきました。

が、今、最も手軽に、かつ、劇的にパソコンの速度を改善するには、SSDとHDDの併用が一番お勧めです。

そこで、SSDとHDDの違いを簡単にまとめ、SSDとHDDの併用についてご紹介します。

スポンサーリンク

SSDとは? HDDと比較したメリット・デメリット

SSD

SSDは、磁気ディスクを用いたHDDと異なり、半導体メモリを記録媒体とする記録装置のことです。

HDDと比較して、メリット・デメリットについて見ていきます。

SSDのメリット

読み書き速度が速く、強い振動や衝撃に強くて故障が少なく、耐衝撃性にも優れています。

HDDと異なり磁気ディスクを回転させる必要がなく、駆動部分がない分、動作音がしませんし、発熱も少なくなっています。

また、消費電力も少ないです。

SSDのデメリット

SSDには、書き換え回数に制限があります。

このため、寿命が短いというデメリットがありましたが、現在では十分な書き換え回数が担保されているので、実際には気にしなくてよくなっています。

また、容量当たりの価格がかなり高くなるのも、デメリットとなります。

 

SSDとHDDを併用 大容量とスピードの両立

HDD

上記のように、SSDにはHDDと比較して、メリットが多くあります。

が、ネックなのが、その価格です。

SSDだけで十分な容量を確保しようとすると、かなりのコストがかかります。

したがって、現時点では、SSDとHDDの併用がお勧めとなります。

SSDは、ランダムアクセスが得意で、HDDは、シーケンシャルアクセス(順次アクセス)が得意とされています。

併用する場合には、SSDをシステム用(Cドライブ)とし、ランダムアクセスが必要な、OSやアプリケーションを保存します。

OSやアプリの起動・保存や開くなどの時に、SSDの速度の恩恵を十分に発揮できます。

写真や動画の保存用のドライブ(Dドライブなど)を、順次アクセスが得意なHDDにすると、長期間・大容量の保存が低コストで可能になります。

SSDのスピードとHDDの大容量を組み合わせて併用することで、高速化と大容量の記録保存に優れた構成のパソコンとすることができます。

まとめ

SSDに対するHDDのメリットは、容量当たりの価格が安いことです。

SSDはHDDと比較して、読み書き速度が速く、耐衝撃性・消音性に優れており、消費電力も少なくて済むなど、メリットが多くなっています。

そこで、SSDとHDDの併用で、SSDとHDDの良いとこどりをすると、パソコンの起動などが速くなり、かつ、大容量で安定したデータ保存を行うことができます。

SSDにOSやアプリケーションを、HDDには、大容量となりがちな写真や動画などのデータを保存しておくと、SSDとHDDのメリットを最大限活用することができるでしょう。

SSDの容量は抑えて、HDDを大容量にすることで、容量当たりの価格を低く抑えることもできます。

現時点では、大容量とスピードを両立するには、SSDとHDDの併用が最も適しているといってよいでしょう。

パソコン
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました