ssdのみ搭載のパソコン hddなしでも大丈夫?

SSDのみ パソコン

パソコンのデータを保存する領域を、ストレージと呼びます。

HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)は、ストレージの種類で、それぞれ仕組みが異なるため、一長一短と言えます。

これまで、ストレージの主流はHDDでしたが、今、高速なSSDの人気が高まっています。

ノートパソコンでは、SSDのみが搭載されていて、HDDなしのモデルも出ています。

ここでは、SSDのみでHDDなしのパソコンでも大丈夫なのか、簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

OSはSSDに、データ保存はHDDに、が一般的

HDDなし

SSDは、読み取り速度が、HDDに比べて格段に速いです

OSやアプリは起動速度が速い方が、ストレスなくパソコンを使うことができます。

ですが、年々安くなってきているとはいえ、SSDは、容量当たりの価格がHDDに比べてかなり高いです。

写真や動画などのデータを保存したい場合、数百GB程度はすぐに使用してしまいますので、SSDのみではすぐに容量がいっぱいになってしまいます。

そこで、起動が速くなるようにOSやアプリはSSDに、データ保存はHDDにという構成にするのが、一般的です。

では、SSDのみ、HDDなしでは、ダメなのでしょうか?

スポンサーリンク

SSDのみでHDDなしのパソコンでも大丈夫

HDDなし

結論としては、SSDのみでHDDなしのパソコンでも大丈夫です。

実際、Ultrabook(intel社が提唱した、薄型軽量ノートパソコンのカテゴリ)では、SSDのみHDDなしが普通です。

携帯することが前提のノートパソコンでは、軽量であることや耐衝撃性が高いこと、省電力であることなどが重要で、SSDはその要件を満たしています。

ネックになるのは、上記の通り、SSDは容量当たりの価格が高いことです。

しかし、扱うデータの容量が少なければ、SSDで十分な場合が多いのです。

例えば、普段扱うのがExcelやWordのデータで、あとはネットを見るくらいであれば、SSDのみで十分といえます。

HDDは外付けにして、データのバックアップをきちんと取るようにすればいいでしょう。

スポンサーリンク

用途によっては、SSDのみ、HDDなしでは不十分

SSDのみ

上記の通り、データの容量が少ない場合には、SSDのみ、HDDなしで十分です。

が、写真や動画などのデータを保存したい場合、すぐに容量が足りなくなるでしょう。

例えば、

  • イラストを描く
  • 写真の加工をする
  • 動画編集をする

などの用途で使う場合はデータが大きくなりますので、SSDのみで十分なデータ保存用の容量を確保するのは、高価になりすぎます。

一方、HDDのみでは、アプリの起動に時間がかかり、日常的に行う人にはストレスとなるでしょう。

上に挙げたような用途でパソコンを使う人には、SSDとHDDの併用がお勧めとなります。

パソコンの内部ストレージは128GBで足りる?
パソコンには、様々なデータを処理したり保存したりするために、内部ストレージが内蔵されています。 内部ストレージには、HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)がありますが、どちらも保存できる容量については、基...
スポンサーリンク

まとめ

SSDとHDDは、同じストレージの一種ですが、それぞれに特徴があり、一長一短と言えます。

パソコンの用途によって、賢くSSDとHDDを使い分けるとよいでしょう。

ExcelやWordとブラウザのみを使い、大容量のデータを扱わない場合には、SSDのみでHDDなしのパソコンでも大丈夫です。

画像や動画を日常的に扱う人には、SSDのみ、HDDなしでは、データ容量が不足しますので、データ保存用のHDDとの併用をお勧めします。

パソコン
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました