ssdは128GBで足りる?足りない?

SSD パソコン

SSD(ソリッドステートドライブ)は、今後、HDD(ハードディスクドライブ)に代わるパソコンの大容量記憶装置です。

SSDは、HDDに比べて読み取り速度が速いため、パソコンの起動ドライブとして、主流となっていくでしょう。

現在、ノートパソコンに搭載されているSSDは、128GBが一般的です。

ここでは、SSDが128GBで足りるか足りないかについて、簡単にまとめてみます。

スポンサーリンク

ssdに保存するべきもの・しないもの

SSD

SSDは、HDDに比べてまだまだ容量当たりの価格が高いです。

そこで、SSDの容量を抑えたいところですが、保存するものによっては、すぐに容量がいっぱいになってしまいます。

そこで、まず、SSDに保存するものと、保存しないものを分けて考えましょう。

SSDの一番の特長は、HDDに比べて読み取り速度が速いことです。

そこで、SSDには、OSやPhotoshopなどのアプリケーションをインストールします。

一般に、データの大きさは、文書で大きくても1MB程度、画像で6MB/1枚程度、フル動画で4000MB/30分程度、音楽で4MB/4分程度です。

頻繫に書き換えるデータ(文書、画像、音楽など)は、SSDではなく外付けHDDなどに保存しましょう。

スポンサーリンク

SSDは128GBで足りる?足りない?

128GB

では、SSDにはOSやアプリケーションのみを入れるとして、容量は128GBで足りるのでしょうか。

これは、ネット上でもいろいろな意見があります。

128GBで足りるとする人もいれば、せめて256GBは必要という人もいます。

これは、基本的には使い方次第ということです。

例えば、128GBのSSDにWindows7とアプリケーションが入っているだけで、空き容量が70GB程度になってしまいます。

そこに、自分に必要なアプリケーションを入れると、空き容量が半分くらいになります。

今は、Windows10が一般的ですから、空き容量はさらに少なくなると思われます。

またWindowsやアプリケーションにはアップデートがあるため、容量が増えていくことも多いです。

SSDは、内部のデータを整理して速度を回復する機能を持っています。

しかし、十分な空き容量がないと、データの整理が上手くできず、速度が十分に回復しないこともあると言われています。

そこで、これからノートパソコンを購入する方は、128GBではやや心もとないかもしれません。

少し価格が高くなりますが、256GBのものを検討されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

SSDは、読み取り速度が速いことが特長で、OSやアプリケーションの起動がHDDに比べて速くなります。

そこで、SSDにはOSやアプリケーションをインストールし、書き換えを頻繁に行うデータ(文書、画像、音楽など)は、外付けHDDに保存するようにした方がいいでしょう。

128GBのSSDでは、OSやアプリケーションだけで容量の半分程度を占めてしまうので、これからノートパソコンの購入される方は、256GBのSSDを搭載したものを検討されることがお勧めです。

パソコン
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました