Lenovo社のパソコン ThinkPadとIdeaPadの違いは何?

f78a2e12feebcc54203ee5f875f973d3_s パソコン

ThinkPadやIdeaPadは、よく聞く名前かと思います。

どちらも、Lenovo社のノートパソコンのブランドです。

同じメーカーのノートパソコンとなると、どちらを選ぶのがいいか、違いは何か、気になりますね。

そこで、Lenovo社のThinkPadとIdeaPadの違いについて、まとめてご紹介します。

スポンサーリンク

Lenovo社とは?

Lenovo

Lenovo社は、香港に本店を置く、パソコンメーカーです。

2004年Lenovo社は、IBMのPC部門を買収し、ThinkPadのブランドを使用するようになりました。

その後、ビジネス向けのThinkシリーズのほかに、コンシューマー(消費者)向けのIdeaシリーズを発売しています。

スポンサーリンク

ThinkPadの特長

ThinkPad

ThinkPadは、Lenovo社の企業向けシリーズ「Think」シリーズのノートパソコンのブランドです。

モバイルパソコンと言えばThinkPadと言われるくらい、定評のあるLenovo社のパソコンとなります。

頑丈でキーボードの操作性が良く、価格も比較的安いため、ThinkPadシリーズはお勧めのノートパソコンです。

特長としては、キーボードの打ちやすさ、頑丈さ、静音性、トラックポイントの搭載などがあげられます。

基本的にはビジネス用のPCですが、自宅用として購入する方も多いシリーズです。

また、ThinkPad X270や、ThinkPad T470sは、LTE対応なので格安SIMを使ってデータ通信を行うこともできます。

クリエイター向けには、ThinkPad Pシリーズという製品もあります。

ノートパソコンとしてはかなり高性能なCPUとGPUを搭載しています

ホームノートとして分類されますが、比較的軽量なので、モバイルPCとして使うことも可能です。

スポンサーリンク

IdeaPadの特長

IdeaPad

IdeaPadは、Lenovo社のコンシューマー向けシリーズ「Idea」シリーズのノートパソコンのブランドです。

IdeaPadには、クラムシェル型のモバイルノートパソコンがあり、価格が安いのが魅力です。

また、ホームノートパソコンのシリーズもあります。

ホームノートパソコンとは、据え置き型の主に自宅や社内で使うパソコンのことです。

ホームノートパソコンには、14型と15.6型があり、自宅内で持ち歩くことが多いなら14型がお勧めです。

15.6型で人気が高いのは、IdeaPad 510です。

他社にはない驚異的なコストパフォーマンスが特徴です。

Core i3-7100U、フルHD IPS液晶という構成で、5万円から購入できますが、ストレージがHDDです。

スポンサーリンク

ThinkPadとIdeaPadの違いのまとめ

違い

ThinkPadとIdeaPadの、端的な違いは、企業向け(ThinkPad)かコンシューマー向け(IdeaPad)か、ということです。

ThinkPadは、キーボードの打ちやすさ、頑丈さ、静音性、トラックポイントの搭載などが特長です。

一方、IdeaPadの特長は、安価なことです。

Lenovo社の製品を買うなら、ThinkPadがお勧めだと言われています。

が、人気があるのは、意外とIdeaPadです。

同じようなスペックの機種同士で比べると、IdeaPadの方が安価なのが人気の理由でしょう。

スポンサーリンク

まとめ

Lenovo社の製品なら、ThinkPadが断然お勧めと言われますが、個人使用であれば、安価なIdeaPadを購入するという選択肢もあります。

SSD搭載かHDD搭載かで、価格は変わってきますので、そこも検討するとよいと思います。

要は、使用目的とコストパフォーマンスのバランスですね。

パソコン
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました