ノートパソコンのふたを閉じたまま電源onにする方法は?

ノートパソコン パソコン

ノートパソコンの特性は、持ち運びができることです。

しかし、高性能化した現在のノートパソコンは、外出先でのメールチェックなどだけに使うのでは、もったいないほどのスペックがあります。

また、スマートフォンやタブレットが普及し、ノートパソコンを持ち運ぶ優位性は低くなってきました。

そのため、ノートパソコンをデスクトップ代わりに卓上で使うことも増えています。

その時、閉じたまま電源をonにすることができれば便利ですが、それはできるのでしょうか?

スポンサーリンク

ノートパソコンは閉じて使いたい

ノートパソコン

ノートパソコンをデスクトップのように使う場合、外部モニタやキーボードなどをつないで使うのが一般的です。

その時、ノートパソコンのふたを閉じたまま使えると便利ですね。

ですが、電源を入れた状態でふたを閉めれば、電力は一時的に遮断されスリープ状態になります。

当然、スリープ状態では、パソコンとして使うことはできません。

では、ふたを閉じたままノートパソコンを使うことはできるのでしょうか。

スポンサーリンク

ノートパソコンを閉じたまま電源onにすることはできるか

閉じたまま

ノートパソコンを閉じたまま電源onにすることができれば、ふたを閉じたまま使用できますが、設計上、閉じたまま使うことを想定していないので、電源スイッチは内側についています。

物理的に、閉じたまま電源onにすることはできません。

しかし、電源設定を変更することで、スリープ状態にならないようにすることができます。

スポンサーリンク

電源設定の変更方法

電源on

Windows7と10では、変更方法が少し異なります。

Windows7の場合

まず、コントロールパネルを開き、ハードウェアとサウンドをクリックします。

開いた画面で、電源オプションを選択します。

「カバーを閉じたときの動作の選択」を選びます。

「カバーを閉じたときの動作」を「何もしない」に変更し、変更を保存します。

Windows10の場合

まず、Windowsマークを右クリックして、「電源オプション」を選択します。

次に、「電源ボタンの動作を選択する」を選びます。

「カバーを閉じたときの動作」の「電源に接続」列の項目を「何もしない」に変更し、変更を保存します。

ノートパソコンを閉じたまま使うと熱で故障する可能性は?
ノートパソコンが高性能化して、大型化している影響もあり、ノートパソコンを卓上でデスクトップ代わりに使う人も増えているようです。 その場合、外部モニタやキーボードを接続して使うので、ノートパソコンを閉じて使えると便利ですよね。 そ...
スポンサーリンク

まとめ

スマートフォンやタブレットが普及する一方で、ノートパソコンは高性能化して重くなりました。

現在は、ノートパソコンを持ち運ぶより、卓上でデスクトップ代わりに使う人も増えています。

その際、ふたを閉じたまま使用することができる方法があります。

電源オプションで、「カバーを閉じたときの動作」を「何もしない」と設定すると、カバーを閉じてもスリープ状態になりません。

外部モニタやキーボードをつないで使用するときには、ノートパソコンを閉じて使うと使いやすいので、ぜひこの方法を利用してみてください。

 

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました