ノートパソコンを閉じたまま使うと熱で故障する可能性は?

ノートパソコン パソコン

ノートパソコンが高性能化して、大型化している影響もあり、ノートパソコンを卓上でデスクトップ代わりに使う人も増えているようです。

その場合、外部モニタやキーボードを接続して使うので、ノートパソコンを閉じて使えると便利ですよね。

そこで、気になるのは、本来開いて使うノートパソコンを閉じたまま使っても故障などしないか、ということです。

スポンサーリンク

ノートパソコンを閉じたまま使うと熱がこもる?

ノートパソコン

ノートパソコンに限らず、パソコンは高熱に弱く、動作することで出る熱を排熱するために、排熱口があります。

さらに、ノートパソコンは、小型化や軽量化のために冷却機構も工夫をされていて、キーボードやパームレストからも放熱しています。

そのため、ノートパソコンを閉じたまま使うと熱がこもる可能性があり、閉じたまま使うことはよくないという人もいます。

しかし、今では、「lid closed mode」というモードを設けて、閉じたまま使うことに対応しているノートパソコンもあります。

スポンサーリンク

ノートパソコンを閉じたまま使うときの排熱は?

閉じたまま

従来のノートパソコンは、閉じたまま使うことを想定していませんでした。

が、現在のノートパソコンには、排熱ファンもあり、以前ほど排熱に対して気を使わなくてもよくなっています。

したがって、ノートパソコンを閉じたままでも、問題なく使えるでしょう。

注意したいのは、

  • 上に重いものを置かない
  • 排熱口をふさがない

ということでしょうか。

ですが、上に物を置かないようにすれば、ノートパソコンのスペースがもったいなく感じますね。

そこで、ノートパソコンを閉じたまま使用する人は、ノートパソコンを縦に置いて使うようです。

排気口をふさがないように配置に気を付ければ、縦に置いた方が、下面からの排熱も妨げないので、熱がこもりにくくなるという利点もあります。

ノートパソコンを縦に置いて使う場合は、専用のスタンドやまな板スタンドで支えるようにしているようです。

スポンサーリンク

まとめ

ノートパソコンは、本来閉じたまま使用することを想定していませんでしたが、現在は、デスクトップ代わりに使う人が増えたからでしょうか、「lid closed」モードなどを備えています。

また、排熱口をふさがないように気を付ければ、ノートパソコンを閉じたまま使っても熱がこもって故障の原因となるようなことはないようです。

設定や置く場所をきちんとすれば、ノートパソコンを閉じたまま使うこと自体には、問題はないでしょう。

ノートパソコンを閉じたまま使う場合、省スペースのために縦に置くとよいようです。

倒れたりして故障の原因とならないように、専用のスタンドやまな板スタンドなどをうまく使いましょう。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました