ノートパソコンにキーボードを外付けして使う方法

e6a0d51607924ca5dff91bade647688b_s パソコン

現在、パソコンの主流はノートパソコンとなってきています。

持ち運びができるため、会社や自宅と外出先の両方で使用することができるのがメリットです。

が、ノートパソコンを使っていると、キーボードの使い勝手に不満を感じることがあります。

特に、たくさんの文書を作成しなければならない場合など、疲労も大きくなりますね。

そこで、ノートパソコンを使用する際に、キーボードを外付けして使っている人も少なくありません。

ここでは、ノートパソコンにキーボードを外付けする方法について、ご紹介します。

スポンサーリンク

ノートパソコンにキーボードを外付けするメリット・デメリット

ノートパソコン

ノートパソコンにキーボードを外付けするメリットとデメリットについて、まとめます。

ノートパソコンのキーボードに対する不満点

まずは、ノートパソコンの本体キーボードを使用していて不満に感じる点は、主に、

  • キーが小さくて押しづらい
  • キーとキーの間隔が短く、タイプミスが多くなる
  • キーストローク(キーの沈み込む深さ)が、浅くてタイプミスが多くなる
  • キー配列がフルサイズキーボードと異なり、タイプミスが多くなる
  • ファンクションキーとの同時押し機能が多い

などが挙げられます。

これらは、いずれもデスクトップパソコンでフルサイズのキーボードを使っているときには、生じない問題です。

文書作成などを行う人には、作業効率の面でも、ストレスの面でも、デメリットが大きいですね。

ノートパソコンにキーボードを外付けするメリット

まず、キーがブロック状の台形になっているため、キーの間隔がノートパソコンのキーボードより若干広くなっています。

このため、複数のキーを同時に押してしまうタイプミスが生じにくくなります。

また、キーストロークが長いため、「押した」という感覚が脳に伝わりやすい点が挙げられます。

さらに、キーボードだけを動かすことができるので、自分の打ちやすい位置に調整ができます。

ノートパソコン本体のキーボードでは、遠視気味の方など、遠くに置いて腕を伸ばして操作することになり、キーが撃ちにくくなります。

キーボードに少し傾斜がついているので、キーを打ちやすいということもメリットでしょう。

ノートパソコンにキーボードを外付けするデメリット

では、ノートパソコンにキーボードを外付けする場合のデメリットにはどんなものがあるでしょうか。

まず、たくさんの文章を入力しない方には、大きなメリットがない点が挙げられます。

また、ノートパソコンのUSBポートはデスクトップに比べて少ないので、そのうち一つを占領してしまうことが挙げられるでしょうか。

さらに、持ち運びをするには、向いていません。

あくまで、会社や自宅で長時間の作業をする方にとってメリットがあると考えればよいでしょう。

スポンサーリンク

ノートパソコンにキーボードを外付けする方法

キーボード

次に、ノートパソコンにキーボードを外付けする方法をご紹介します。

外付けする方法としては、有線と無線がありますが、ここでは有線の場合についてご紹介したいと思います。

実は、ノートパソコンにキーボードを外付けするのは、とても簡単です。

デスクトップ用に販売されているキーボードをUSB接続するだけで、特に設定をすることなく外付けキーボードを使用することができます。

外付けキーボードを使うと、ノートパソコンに加えてキーボードの分だけ場所を取りますから、テンキーがついているものか、ついていないコンパクトなものにするか、用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ノートパソコンの本体キーボードは、タイプミスが生じやすく、使っていて作業効率が悪くなりストレスにつながることがあります。

そこで、そのデメリットを解消するために、キーボードを外付けするという方法があります。

ノートパソコンにキーボードを外付けするには、USB接続をするだけでよく、特に設定も必要ありません。

文章をたくさん書く方、長時間作業をする方には、キーボードを外付けするメリットは大きいと思います。

ぜひ、検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました