vラインをキレイに脱毛したい!自宅でできる方法とポイント

vライン脱毛 自宅 方法 脱毛

アンダーヘアの脱毛って、みんなはどんな方法でやっているのだろう?
気になるけど、ちょっと恥ずかしくて聞きにくいですよね。方法を間違えると肌トラブルを起こしかねませんので、処理方法やポイントを詳しく説明していきます。

vラインの毛を処理する方法

自宅で行うアンダーヘアのお手入れ方法はいくつかありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。きちんと理解した上で行うようにしましょう。

カミソリ

vライン脱毛 自宅 方法
最近の女性用カミソリは肌に沿って剃りやすいように出来てはいますが、絶対にやってはいけないのは「から剃り」です。
下準備もせずに、いきなりカミソリを使うのは肌に負担が大きすぎます。
クリームやシェービングローションを使うことでダメージを減らすことができますので、必ずその様なものを使ってから剃るようにしてください。

アンダーヘアは特に埋没毛になりやすいので、毛に流れに沿って上から下へ剃るようにしてください。

毛抜き

vライン脱毛 自宅 方法
抜いてしまった方が次の処理まで日にちがあくので、わりと多くの方が毛抜きを使っています。ですが、肌への負担は相当なものです。
だって、アンダーヘアを1本抜く度に、もの凄く痛くないですか?
ちなみに、私も毛抜きを使ったことがありますが、あまりの痛みに即断念しました・・
それだけ負担がかかっているという証拠なのです。

抜いた後は毛穴が開いたままの状態ですので、菌が入ってしまって炎症をおこしたり、埋没毛になる可能性が高いです。
毛抜きを使うのなら、温めて毛穴を広げ、毛の向きに沿うように抜きましょう。
そして、抜いた後は必ず冷やしたり消毒したり、またはケアのためのクリームを塗るなどしてくださいね。

脱毛クリーム

毛を溶かして除毛してしまう方法です。
必ずアンダーヘアに使っても問題ない物かを確認してくださいね!腕や脚用では刺激が強すぎて、デリケートな肌を刺激してしまいます。
アンダーヘア用でも、自分の肌に合うものか細心の注意が必要です。

脱毛クリームはvラインだけで、iやo部分には使用できません。
容量・用法を守って使用してください。

家庭用脱毛器

エステと同じような脱毛を、家庭で誰にも知られずにできるという大きなメリットがあります。予約してお店に行く手間を考えると、有り難い製品だと思います。
いくら大勢のお客さんを見ているプロの方とはいえ、やはりvラインというのは恥ずかしいものです。

値段は数万円~数十万円しますのでかなり高い買い物にはなりますが、一度買ってしまえば好きな時に好きなだけ、vライン以外の場所も脱毛できるわけですから、結果的には安い買い物になります。

ヒートカッターの利用

vライン脱毛 自宅 方法
脱毛後、チクチクして痒くなることがありませんか?
脱毛の範囲が広ければ広いほどムズムズが止まらないんですよね。
生えてきた時のチクチクを解消するために、ヒートカッターを使うと毛先を丸くしてくれますので効果的です。

昔は線香などを使って毛先を焼いて丸くする方法がありましたが、今は良い製品が色々と出ていますので上手に利用してみましょう。

vライン脱毛のポイント

キレイにお手入れするために、おさえておきたいポイント!

・アンダーヘアの面積を自分好みに小さくする
・アンダーヘアをカットして整える

脱毛したときにバランスよくなるように、毛の濃さを薄くすると良いですよ。
毛の生えている部分が濃いままだと、そこばかりがくっきりしてしまい、ペタッと張り付いた海苔のように見えてしまいます。

脱毛後のお手入れ

vライン脱毛 自宅 方法
デリケートな場所だけに肌も敏感ですので、脱毛が完了してそのまま何もしなければトラブルのもとです。

熱をもっていると感じたら、保冷剤などで冷やしてください。
少しでも違和感がある場合には、デリケートゾーン専用の軟膏などを塗ってみましょう。

脱毛後にワセリンを薄く塗っておくのも、角質層を保護してくれますのでトラブルケアになります。

肌の状態をしっかりと把握して、できるだけ肌の負担にならない方法でvラインをキレイに脱毛しましょう!

 

脱毛
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました