どうして!?妊娠中や産後に黒ずみが増えたお尻

黒ずみ 黒ずみ

実は、私は妊娠・出産の経験がないので分からなかったのですが、妊産婦さんの悩みの一つが、「肌が黒ずんできてしまった」というものなのだそうですね。

妊娠・出産とお肌の黒ずみ、特にお尻の黒ずみに関係があるなんてご存知でしたか?

個人的にちょっと驚いてしまったので、妊娠中や産後に気になるお尻の黒ずみについて、原因と対策、調べてみました。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

妊娠中や産後の黒ずみは自然なもの?

妊娠
妊娠中や産後の黒ずみの最大の原因は、ホルモンバランスの変化です。

妊娠中や産後は、女性ホルモンの分泌量が大きく増えます。このため、身体にはたくさんの変化が起こります。その一つが黒ずみです。

女性ホルモンの一つプロゲステロンは、黄体ホルモンの主要な物質です。黄体ホルモンは、成人女性では卵巣の黄体から分泌されますが、妊娠中期以降は胎盤からも分泌されます。

このプロゲステロンには、黒ずみの元となるメラノサイトを活性化し、メラニン色素を増やす特徴があります。

つまり、妊娠中に分泌の増えたプロゲステロンの働きで、普段よりも黒ずみができやすくなっているのです。

したがって、妊娠中や産後に増えた黒ずみは、一定期間が過ぎてホルモンバランスが元に戻れば、自然に薄くなっていくと考えられます。

スポンサーリンク

妊娠中に黒ずみがお尻に増えてしまう原因とは?

黒ずみ
上に書いた通り、妊娠中のお尻の黒ずみの原因もホルモンバランスの変化によるものですが、お尻に特に増えてしまう原因には、物理的な理由もあります。

一つは、妊娠中に体重が増えてお尻への負担が増すことです。もう一つは、産後の授乳などで、座る時間が長くなることです。

お尻の黒ずみの原因は、『摩擦』『圧迫』『刺激』です。

長時間座ることは、圧迫される時間が長くなるということですし、体重が増えると圧迫の強さが増してしまいます。

スポンサーリンク

妊娠中に黒ずみを増やさないお尻のケア

お尻
ホルモンバランスの変化により増えた黒ずみは、そのままにしても自然に薄くなることが期待できます。

しかし、薄くはなっても消えない場合があることには注意をした方が良いようです。

普段の生活で、少しでもメラニンを増やさないように心掛ける必要があるでしょう。

お尻への圧迫を軽減するためのクッションの利用や、締めつけないような下着選びがおススメです。

また、黒ずみの原因となる乾燥を防ぐ保湿や、肌のターンオーバーが正常に行われるような専用クリームでのケアを行うことも必要です。

スポンサーリンク

まとめ

黒ずみ

妊娠中や産後の黒ずみの主な要因は、ホルモンバランスの変化によるものですから、そんなに悩む必要はなさそうですね。時が解決してくれます。

が、ひどく沈着してしまった黒ずみにはケアが必要になるのは、普通の黒ずみと同じなようです。

まずは、クッションの利用や下着選び、保湿ケアなどで、黒ずみができにくい環境を整えることが肝要なようです。

せっかくのマタニティライフですから、黒ずみとは無縁に過ごして、ハッピーに過ごしてくださいね!

黒ずみ
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました