ノートパソコンのバッテリー、寿命はどれくらい?平均寿命を調べてみました!

IMG_9162 パソコン

持ち運びができるノートパソコンには、バッテリーが内蔵されています。

作業するたびにコンセントの差し込み口を探す必要がないのは、バッテリーのおかげです。

しかし、消耗品とも言われるバッテリー、どれくらい保つのでしょうか

平均的な寿命を調べてみました。

スポンサーリンク

ほとんどのバッテリーは2〜3年が寿命

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s

ノートパソコンを使う環境や使用頻度、電源を入れたり切ったりする回数などで違いがありますが、バッテリーの寿命はだいたい2〜3年だと言われています。

意外に短く感じますよね。

しかし、使い方によっては5年、6年と保つ場合もあります。

スポンサーリンク

バッテリーの寿命が近づいて来たサインは?

aa87ee306ea09a4b71437f95b5a017b7_s

普段使っているパソコンの様子から、バッテリーの寿命が近づいていることがわかります。

寿命が近づいてくると、先ず、バッテリーの減るスピードが早くなります。

フル充電して出かけたのに、もう50%以下?!というような時は、バッテリーの寿命が近づいているサインです。

また、電源から外して使うと、すぐにバッテリーが少なくなる、という場合は、いよいよバッテリーの交換を考えなければなりません。

スポンサーリンク

バッテリーの寿命を延ばす使い方は?

129bb23451d7b6c4a56f157b18b25d2a_s

消耗品といえど、出来れば長持ちさせたいバッテリー。

どんな使い方をすればバッテリーの寿命を延ばせるのでしょうか。

バッテリーの寿命を縮める使い方の1つとして、電源の繋ぎっぱなしが挙げられます。

フル充電の状態がずっと続くので、バッテリーに負担がかかり、劣化を早めてしまいます。

バッテリーを長持ちさせたいなら、電源を繋いだままにしておかない方がいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

バッテリーは必ず寿命を迎えますが、交換すればまた、ノートパソコンはまた同じように使えます。

しかしもし、平均以上にバッテリーが長持ちしてから寿命を迎えた場合は、本体もかなり古い型になってしまっている可能性もあるので、新しい一台に買い換えるといのも1つの手ですね。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました