前髪の巻き方は?長い前髪をコテやカーラーを使用してふんわり流してみよう

29789177-796A-4CDB-976D-C702A8C44323

前髪を流すのは難しい、やり方が分からないという方も多いと思います。
朝の一番忙しい時間に前髪をつくるなら可愛くて簡単なほうがいいですよね。
ここではコテやローラーを使用してできる、いまどきのふんわり流す前髪の作り方を紹介します。

コテを使用した長い流し前髪の作り方

太めのコテを使用します。32ミリのコテがオススメです。
①手で前髪を持ち、流したい方向と逆に引きます。

IMG_0572

②そのままコテで毛先まで軽く巻きます。
IMG_0573

③コテを外したら今度は流したい方向に手で戻し前髪を整えます。
IMG_0574

*毛先だけをもっとくるっと巻きたい場合は、根本から中間まで真っ直ぐ手で持ちコテで挟み、毛先だけ流したい方向と逆に流しながら巻きます。

コテを使用するときはヤケドに気をつけて下さいね。

カーラーを使用した長い流し前髪の作り方

ここでオススメしたいのはマジックカーラーです。
100均でも売っているので便利です。

ふんわりにしたい場合は大きめの方がいいです。

マジックカーラーだとコテより痛まないのですし、
コテがちょっと苦手という方や、コテを持っていないという方にもオススメです。

①前髪を流したい方向と逆に巻きます。
IMG_0646

②ドライヤーで熱を加えます。

③その後ドライヤーの冷風をあてるか、そのままカーラーを巻いたまま冷まします。

④カーラーを外して手で流したい方向に持っていき整えます。

IMG_0647

IMG_0648

*前髪が厚めの方は上下2つに分けてカーラーを巻くと、前髪の上の方にも立ち上がりが付きやすくなります。
*根本からふんわりしたい場合は根本までしっかり巻き、毛先のみ巻きたい場合は根本3〜5センチ位外して巻くとというのもポイントです。

マジックカーラーだと朝のメイクタイムに巻きながらできるのでオススメです。

コテやカーラーを使用せずに前髪を流す巻き方

コテやカーラーを使用しなくとも
ピンやクリップを使用して前髪を流すことができます。

①前髪を流したい方向とは逆にピンカールのように巻いてクリップやピンで留めます。
IMG_0649

②そのままカーラーの時と同じようにドライヤーで熱を加え、その後冷風をあてるかそのまま冷まします。

③外して流したい方向に手で整えます。
IMG_0650

IMG_0651

*ピンやクリップを使用すると根元の立ち上がりが少なく毛先に動きがでます。
ピンやクリップは夜寝る前に巻いて朝にはずすだけでもOKです。

長い前髪を流す際のポイント

流したい方向と逆向きに巻くことでしっかりとしたカールができます。
自然に前髪を流したい場合はそのまま流したい方向に巻くだけでもOKです。

できればワックスやスプレーなどのスタイリング剤を
仕上げに使用すると一日スタイルをキープできます。

まとめ

今回はコテ、カーラー、ピンやクリップを使用したやり方ですが、
最近はストレートアイロンで作る前髪も人気なのでお試しください。
基本のやり方はコテと同じです。

簡単にできる流し前髪の巻き方になりますのでぜひ参考にお試し下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする