オフィスに取り入れたい乾燥対策!顔を乾燥から守る方法

乾燥対策 乾燥対策

オフィスは、夏は冷房、冬は暖房で、快適な温度に保たれていますが、エアコンの風は、肌から水分を奪い、乾燥を招きます。

特に暖房が効いたオフィスでは、空気が乾燥しています。水分は、より乾燥したところへ逃げる性質がありますから、肌から乾燥した空気へと水分が奪われてしまいます。

肌が乾燥すると、ニキビができやすくなったり、しわやたるみなどの肌トラブルの原因になったりしますから、注意が必要です。

オフィスにいる時間は一日のうちでも長いですから、乾燥対策はしっかりとしたいですね。

スポンサーリンク

オフィスでの乾燥対策

オフィス

室温が上がると、空気に含まれる水蒸気の量が少なくなり、乾燥します。自宅では、湿度計などを見ながら、温度を調整することが乾燥対策の一つになります。

しかし、オフィスでは、個人が自由に温度設定を変えることができません。

オフィスでは、温度設定以外の部分で乾燥対策を行わなければなりませんが、このとき有効なのが、デスク周りの加湿をすることです。

USBから電源を取る小型加湿器や、常温で水を蒸発させる自然気化タイプの加湿器があります。

電力を使うものは、「個人的に会社の電気を使っている」などトラブルになる可能性がありますので、事前に確認して了解を取って使いましょう

自然気化タイプは電気を使う強制蒸発式の加湿器よりは効果が落ちますが、インテリアとしても可愛いものがたくさん出ていますので、いろいろ選ぶのも楽しいかもしれませんね。

また、より簡単な方法としては、お湯の入ったマグカップをデスクに置いたり、濡れたタオルを身の周りに置いておいたりすることも、意外と効果的です。タオルは、ハンドタオルなど小ぶりで可愛いデザインのものだと、目にも楽しいですね。

スポンサーリンク

乾燥対策で顔周りの乾燥を防ぐ

乾燥対策

顔の乾燥を防ぐ直接的な対策を見ていきましょう。

まず、マスクを着用するだけでも、自分の吐く息で顔周りを保湿する効果が期待できます。

ミストスプレーは、かえって肌が乾燥するという意見もありますが、これは、保湿性の低い化粧水を吹きつけても、肌の表面だけが潤い、中まで浸透していないので、すぐに蒸発してしまうためです。

保湿効果の高いミストタイプの化粧水を持ち歩くといいですね。つけ過ぎたり、手で押さえたりすると、メイクが崩れやすくなるので、ご注意を。

目元やまぶた周りの皮膚は、顔の中でも特に薄いので、乾燥しやすく肌トラブルが現れやすい部位です。早めに目元専用のクリームを指先で軽く叩きこむように、肌に浸透させるようにしましょう。

また、リップクリームやハンドクリームで、唇や手の保湿をこまめにしておくと、夜のスキンケアが簡単になります。

スポンサーリンク

日ごろのスキンケアで顔の乾燥を防ぐ

顔

オフィスでの乾燥対策だけではなく、うちにいる時の朝晩のスキンケアをしっかりとすることが大切になります。

即効性のある対策としては、ローションマスクや美容パックがおススメ。高価なものではなく、安価なものでも十分効果が期待できます。ローションマスクは、5分程度肌に乗せているだけで、肌に違いが感じられます。

ちなみに私は、手持ちの化粧水を含ませるローションパックをよくします。お手軽ですし、自分の肌に合っている化粧水を使えるところが安心です。

ローションマスクの後は、水分が蒸発しないよう、クリームやオイルでしっかりと保湿をしましょう。

また、体の外からだけではなく、内からの乾燥対策も効果的です。

暖房の効いた部屋では、肌はもちろん体自体も乾いています。ミネラルウォーターを飲むことで、血液がサラサラになり、体内から肌が潤います。

乾燥対策に効く栄養素としてはビタミン類が挙げられますが、特に保湿に効果があるのが、ビタミンAです。

また、新陳代謝を高めるビタミンE、コラーゲンを形成して肌に張りを持たせるビタミンCも肌の乾燥対策に効果的です。

ビタミンA、C、Eの組み合わせは、乾燥い対策以外にも体にいいと言われていますので、ぜひ取り入れてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

夏も冬も、エアコンの効いたオフィスで長時間働く女性は、顔の肌の乾燥対策をしっかりとしておきたいですね。

自分だけが過ごす訳ではないオフィスですから、できることは限られているかもしれませんが、肌が乾ききってガサガサになってしまう前に、早め早めに対策を取っていくことが大切です。

ご紹介した乾燥対策を、ぜひ取り入れてみてくださいね。

乾燥対策
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました