冬の髪の毛は傷みがち。髪が傷む原因を知り、美髪を目指しましょう

髪の毛

冬と夏、どちらが髪の毛は傷みやすいのでしょうか?

夏の紫外線と並んで、髪の毛が傷む原因となるのが、冬の乾燥です。

乾燥した空気は、髪の毛から水分を奪うだけでなく、静電気も生じやすくします。

実は、冬の環境には、髪の毛が傷む原因がたくさんあるのです。

それでは、冬のダメージヘアを卒業し美髪を目指すために、髪の毛が傷む原因と、その対策法を見ていきましょう。

冬の乾燥で髪の毛が傷む

冬

空気が乾燥する冬、髪が広がりやすくなったり、ゴワついたりする人が増えます。

これは、乾燥により、髪の内部から水分が奪われていくためです。

また、毛髪の内部の毛皮質は、細い線維状のたんぱく質でつくられています。その中には、NMF(Natural Moisturizing Factor)と呼ばれる天然保湿因子があります。

NMFは毛髪に水分を溜めこむ働きがありますが、乾燥した状態が続くと、これも流出してしまいます。

髪の毛が乾燥すると、ダメージがさらなるダメージを引き起こす要因となり、悪循環が起きるのです。

冬の髪の毛の大敵、静電気

髪の毛

冬は空気が乾燥しているため、静電気が生じやすくなっています。

ブラッシングで髪に摩擦が起きると、さらに静電気が生じてしまいます。

静電気が生じるのは、髪の毛が内部まで乾燥している証拠です。

静電気が切れ毛の原因になることもありますし、髪の毛の表面のキューティクルが剥がれやすくなり、ダメージが酷くなることもあります。

キューティクルが剥がれると、その部分から髪の毛の内部のたんぱく質や水分が流れ出し、パサつきが酷くなる原因となります。

髪が傷む時には、トリートメントケアを

傷む

髪の毛のケアも、季節によって変える必要があります。

冬の傷みやすい髪の毛には、トリートメントケアが必要です。

髪の毛の表面に吸着するだけのリンスやコンディショナーではなく、髪の毛の内部まで浸透するトリートメントを使いましょう。

そこでお勧めなのが、『守り髪 美髪ベースメイクシャンプー』です。



『守り髪』には、傷んでしまった髪のダメージの集中補修と、髪の元気をキープする予防ケアの二つの効果があります。

安心のノンシリコンシャンプーで、また天然ソープナッツエキスを配合しているので、泡立ちが抜群で、うっとりするような洗い心地です。

肌質や髪質に合うか心配という方も、初回限定50%OFF、送料無料、30日間返金保証がついていますから、安心して試すことができますよ。
美髪ベースメイクシャンプー『守り髪』

まとめ

いかがでしたか? 冬の髪の毛は、過酷な環境にあることが分かりました。

春や夏と同じヘアケアでは、髪の毛が傷むばかりです。冬には冬のヘアケアが必要ですね。

ご自分に合ったシャンプーとトリートメントで、しっかりとケアをして、ぜひ美髪を手に入れてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする