冬に髪の毛が抜ける量が増えるのは、夏のダメージと冬の乾燥のせいだった

髪の毛
「冬になって抜け毛が増えた・・・」

そう思うこと、ありませんか?

秋冬は抜け毛の季節だと言われますが、
これは単なる迷信ではなく、ちゃんと根拠のある言葉だとか。

髪の毛は、平均して毎日約100本が抜けますが(自然脱毛)、これは年間の平均値です。

自然脱毛は、春は毎日約50本なのに対し、秋冬は約150本(多い人だと約200本)と、3倍近く違いがあるのです。

それでは、なぜ冬に抜け毛が増えるのでしょうか。

夏のダメージと冬の乾燥が、冬の抜け毛の原因

冬

秋に抜け毛が増える原因は、主に夏時期に受けたダメージです。

強い紫外線、大量の汗や皮脂、クーラーによる髪・頭皮の乾燥
などで受けたダメージが秋になって抜け毛を増やします。

冬に抜け毛が増える主な原因は、気温が下がることで、
皮脂の流動性や頭皮の血行などの頭皮活動が低下することです。

頭皮活動が低下すると、毛穴が詰まりやすくなって、不健康な頭皮環境になりがちです。

そして、冬の乾燥した空気が、髪の毛や頭皮から水分を奪ってしまうことも
、髪の毛が抜ける重要な原因の一つ
です。

冬に行いたい髪の毛のケア

髪の毛

夏のダメージをケアするには、本来、夏の間に予防対策をしておくべきです。

秋に現れる夏のダメージの結果としての抜け毛には、毎日の頭皮ケアを行いたいですね。

では、冬の寒さや乾燥で起きる抜け毛には、どんなケアを行えばよいでしょうか。

頭皮の血流が低下することへのケア

まず、喫煙している方は、煙草をやめましょう。

煙草を吸うと抹消の血管が縮まるうえ、血管にも
ダメージを与えるので、頭皮環境にはよくありません。

首元を温めることで、頭皮の血行を良くすることができます。
マフラーなどを活用しましょう。

また、髪の毛が薄い方は、帽子をかぶることで頭皮の冷えを防ぎましょう。

唐辛子のカプサイシンには、末梢血管を広げる作用があるので、
唐辛子を鍋など食事に取り入れるのも効果的です。

頭皮や髪の毛の乾燥へのケア

頭皮の乾燥に対するケアとしては、
まずシャンプーの見直しが挙げられます。

合成の界面活性剤を使用しているシャンプーはNGです。

無添加シャンプーや自然派シャンプーなどアミノ酸系の洗浄成分のものや、
トレハロース、天然オイルなどの保湿剤が含まれているもの
を選びましょう。

また、シャンプーは1日1回を上限とします。
シャンプーする日とお湯だけで流す日を交互にして、シャンプーを2日に1回にするとより効果的です。

毛穴の皮脂の増加に対するケア

肉や油ものなど、油脂分の多い食べ物を摂りすぎないようにしましょう。

さらに、入浴中に頭皮マッサージを行いましょう。
爪を立てないように指の腹で頭皮を揉むようにします。

冬に抜ける髪をそのままにすると薄毛に?

抜ける

秋は、夏のツケが抜け毛となって表れます。
夏に受けた頭皮のダメージの影響が、2~3ヶ月遅れて表面化するのです。

本来は、夏の間に予防的なケアを行っておけばよいのですが、
できなかった場合には、秋冬に毎日のケアを行いましょう。

まずは、不健康な生活習慣を絶ちましょう。

紫外線、乾燥、脂っこい食事、甘いお菓子、睡眠不足、運動不足、過剰なダイエットなどは、
頭皮環境によくありませんので、避けてください。

その上で、育毛剤を使うことをお勧めします。

お肌のケアで化粧水や美容液を使うのと同じく、頭皮の地肌にも保水や保湿、栄養補給などのケアを行う必要があります。

そこでお勧めなのが、「CA101」です。



CA101には、1万人の女性の髪と頭皮を診断してきた
美髪アドバイザーの田村マナさんの15年間の経験が詰め込まれています。

育毛サイクルを効果的に整える3種の有効成分と、頭皮のエイジングケアに
有効なスキンケアと同レベルの美肌成分が配合された、女性専用の育毛剤です。

肌に合うか、効果があるか、など不安のある方も安心して試せるように、
初回お届け50%OFF、使用済みでもOKの30日間返金保証付きです。

→ CA101(シーエーイチマルイチ)

まとめ

冬に髪の毛が抜けるのは、自然脱毛が増える季節的な要因の他に、
夏のダメージの表れや冬の寒さや乾燥が影響しています。

季節的な要因はどういうメカニズムなのか解明されていないそうですが、
他の要因は、予防したりケアしたりすることができます。

ぜひ、ご紹介したケアを取り入れてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする