夏じゃないのに!冬にニキビが増えるワケ

ニキビは、夏に増えるもの。

そんな風に思いこんでいませんか?私は、不勉強でそう思っていました。

しかし、夏に増えるのは思春期ニキビで、大人ニキビは冬に増えるのです。

その主な原因は、乾燥と冷えです。

それでは、冬のニキビの原因とそのケア方法について、詳しく見ていきましょう。

大人ニキビは冬に増える

冬

大人ニキビの原因は、角質層の水分が失われることにより、肌バリアの機能が低下することです。

乾燥を防ぐために多く分泌された皮脂がコメドとなり、毛穴につまってニキビになります。

コメドとは、毛穴につまった角質や皮脂の塊のことで、『ニキビの芯』と言われています。

このコメドを餌にしてアクネ菌が異常に繁殖するとニキビになります。

また、東洋医学の見地からは、冷えがニキビを悪化させると言われています。

冬は乾燥してターンオーバーが崩れやすいうえに、体の冷えが血流を悪くすることで、さらに追い打ちをかけるようにターンオーバーを狂わせてしまうのです。

冬のニキビケアの基本

ニキビ

肌バリア機能が低下することによるニキビを防ぐには、第一に角質層の水分量を保持することが大切です。

角質層には通常15~20%の水分が含まれており、10%を下回るとバリア機能の低下がはじまります。

冬の間は、1日に3、4回の保湿を行いましょう。特に洗顔後や入浴後の保湿ケアは欠かさないようにしてください。

冷えによってホルモンバランスが崩れ、男性ホルモン優位の状態になるとニキビができやすくなると言われます。

男性ホルモンは、肌バリア機能の低下や角栓(コメド)発生の促進といった作用があるためです。

冷えによるホルモンバランスの乱れが起きないように、体を芯から温める生活習慣を心がけましょう

冬に増えるニキビをケア・予防するための具体策

増える

冬のニキビのケアには、乾燥対策と冷え対策が必要です。

そこで、具体的な対策を見ていきましょう。

体を冷やさないようにする

体を冷やさないために、飲み物は体を温める物を飲みましょう。

紅茶、ほうじ茶、ウーロン茶などの発酵した茶色い葉のお茶は体を温めてくれます。

また、ココアにも血流を良くする作用があるので、おすすめです。

コーヒーは、体を冷やす作用があるので、冷え性の方は特に避けるといいかもしれませんね。

入浴にも気をつけましょう。

シャワーだけで済ませずに、湯船につかるようにしてください。半身浴は、体を芯から温めてくれるので効果的ですね。

乾燥対策には加湿器

暖房を使うと、空気が温まり、空気中に含むことのできる水蒸気の量が増える分、乾燥してしまいます。

肌の乾燥を防ぐためには、加湿器を置くとよいでしょう。置けない場合は、濡れたタオルなどを干すのも良いですね。

朝の洗顔はぬるま湯で

本来皮脂の分泌が低下する冬場は、洗顔フォームなどを使うと、皮脂を取り過ぎてしまい、肌のバリア機能を低下させてしまいます。

夜洗顔をして寝れば、朝の洗顔はぬるま湯で十分です。乾燥肌の方は、特に注意してくださいね。

冬場にはしっとり系の化粧水を

夏と同じように、さっぱり系の化粧水を使うと、保湿が不十分になります。

保湿効果の高い、しっとり系の化粧水や美容液を使うようにすると良いでしょう。

そこでおすすめなのが、ニキビケア用の成分の入った美容液、パルクレールジェルです。

パルクレールジェルは、ニキビケア、化粧水、乳液、美容液、化粧下地の5つの機能を持つオールインワンジェルです。

ニキビを防ぐ、皮膚に潤いを与えるなど、全13種類の効果効能を認められた薬用医薬部外品なので、安心です。

また業界初の全額返金保証書つきなので、肌に合わないかも、効果があるか知りたい、などの時も安心して試すことができますね。

>>>パルクレールジェル

まとめ

乾燥する冬は、大人ニキビの大敵です。

大人ニキビに悩んでいる方は、まず乾燥対策として、保湿効果の高い化粧水を使ったり、洗顔法を変えてみたりしてみましょう。

また、冷えも良くないので、体を温める工夫も取り入れて、ニキビのないつるつる肌を目指してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする