黒ずみを消したい!部位別の対策方法

黒ずみ 黒ずみ

子供の肌はとってもすべすべで毛穴なんて見当たりません。こんな肌になりたいと思ってはいるけれど鏡を見ると小鼻の黒ずみが…黒ずみが出来るのは小鼻だけではありません。脇やお尻、乳首や股などのデリケートゾーン、部位別の黒ずみ解消方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

小鼻の黒ずみにはオロナインパック

黒ずみ

小鼻の黒ずみを取るためのパックがあるのですが、あれだけではいまいち効果が感じられません。あの毛穴パックをする前にオロナインをたっぷり塗って10分放置します。オロナインを綺麗に洗い流し、それから毛穴パックをすると驚くほど毛穴の汚れが取れるのです。毛穴パックを剥がした後は黒ずみ汚れが取れて毛穴がぽっかり開いた状態になっているので必ず保冷剤で冷やして毛穴を引き締めましょう。このオロナインパックを週に一回のペースで行っていたら小鼻の黒ずみは目立たなくなり、だんだん毛穴パックに汚れがつかなくなってきたのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

お尻の黒ずみはお尻を刺激から守る

黒ずみ

お尻は普段隠れている部分ですが、夏に水着になる時や温泉に行く時なんかはお尻が見えてしまうので黒ずみが気になってしまいます。出来ればお尻もつるつるでいたいですよね。

お尻が黒ずんでしまう主な原因は長時間座ってお尻に圧力がかかっていたり、下着と洋服の摩擦による刺激からお尻を守ろうとして角質層が厚くなる事や防御反応でメラニンを生成し、色素沈着してしまう事があげられます

お尻に与える刺激を少なくするためにお尻に直接触れる下着を自然素材のものにかえたり、ピーリング石鹸で余分な角質を取り除く事が黒ずみ解消に繋がります。ピーリング石鹸を使った後はお尻が乾燥しやすくなるのでボディクリームを塗るなどしっかり保湿をする事が大切です。

 

スポンサーリンク

乳首やデリケートゾーンの黒ずみには自分に合った下着を

黒ずみ

出産して授乳しているとどうしても乳首の黒ずみが気になってきます。普段は隠れている部分でも黒ずみは嫌なものです。

乳首の黒ずみの主な原因は摩擦によって肌がこすれる事で肌が防御反応を起こしてメラニンを生成する事にあります。授乳していればもちろん乳首に毎日刺激を与える事になりますし、ブラジャーのサイズが小さ過ぎれば締め付けられて乳首が擦れてしまいます。大き過ぎればバストが揺れて擦れてしまいますので、自分に合ったブラジャーをする事が大切です。

黒ずみ股などのデリケートゾーンも普段は見えない場所ですが、黒ずんでいるのは嫌ですよね。パンツを脱いだ時にゴムの跡がつくものはキツすぎて肌への刺激が強くなってしまうので気をつけなければいけません。

お風呂で洗う時もきちんと泡だてたふわふわの泡で洗うようにしましょう。お風呂上がりには顔と同じように化粧水や乳液で保湿する事も黒ずみ解消につながります。美白成分の入っているものを使えばさらに効果が期待出来るでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

黒ずみ

小鼻の黒ずみは毛穴に詰まった汚れですが、その他の黒ずみの主な原因は肌への刺激による防御反応なので肌への負担を少しでも減らす事が大切です。洗顔する時のようなふわふわの泡で身体も洗って、お風呂上がりのケアも顔だけではなく身体も同じようにケアしてあげる事が黒ずみ解消に繋がるので意識して行うと良いでしょう。

黒ずみ
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました