乾燥肌 の原因を解明!正しい対処法で潤い補給

乾燥肌

肌トラブルで一番多いのが「乾燥」ではないでしょうか。

乾燥だけにとどまらず、他のトラブルまで引き起こしてしまうからやっかいですね。
人ぞれぞれに原因と対処法がありますから、そのあたりをまとめて説明していきます。
是非参考にしてみてくださいね。

乾燥肌になるのは何故?

乾燥肌

乾燥肌とは、要するに水分や油分が足りていない状態。
もちろん、そんなことは皆さんご存知でしょう。
珍しくない分、あまり気にしていない方も多いのが現状のようです。

乾燥肌だからと思っているだけではなく、正しいお手入れの方法を知るようにしましょう。
きちんとお手入れしていかないと、その乾燥肌から敏感肌になってしまう可能性があるからです。
カサカサの乾燥肌からくるのが、バリア機能の低下です。
結果、痒みや赤みが出るようになり、ついつい掻きむしってしまうようになります。

冬になり、全身が乾燥して気付くと足をガシガシ掻いていたりしませんか?
粉が吹いたような状態になり、傷ついたお肌は回復するのに時間がかかります。
それと同じことが顔にも起きているのだということを自覚してください。

敏感肌ってどういう肌のこと?

乾燥肌

敏感肌になってしまうと、ちょっとした刺激に耐えられずトラブルを抱えてしまうようになります。

・なんだかわからないけど顔が痒い
・今まで使ってきた化粧品が合わなくなった

などといったように、化粧品・外気やエアコンによる刺激でも肌に影響が出る場合があります。
特に冬の風が強い日には、黄砂や花粉などが原因でお肌がかぶれてしまうこともありますので、マスクが効果的ですよ。

乾燥肌対策と敏感肌にならない対処法とは?!

乾燥肌

最近急に肌の調子が悪くなったけど、何が原因なのかが分からない・・
この「原因が分からない」というのが一番困りますよね。
そこで、乾燥肌や敏感肌になりやすい原因と、その対処法について調べてみました。

食生活による原因

人間の体を作るのに最も大切なのが「食」ですよね。
それはもちろん、お肌や髪の毛にだって大きく影響してきます。
どんなに高い化粧品で外側ばかり気を遣っても、食生活のバランスが悪ければ効果は半減してしまいます。

肌のためには、良質なタンパク質を摂取しましょう!

例えば、朝食にご飯を食べる方は納豆や焼き魚が良いですね。
パン食の方は卵料理にウィンナーなどの肉類も一緒に食べましょう。
定番の食事というのは、栄養のバランスがとれているものが多いんですね。
定食屋さんのメニューなんかは、本当に素晴らしいと思います。

乾燥肌

間違ったお手入れによる原因

普段のお手入れ方法を思い出してみてください。
以下のようなことを行っていませんか?

・メイクをしたまま寝てしまうことがある
・ゴシゴシ擦り洗顔をしている
・頑張ってスキンケアをしてしまう
・日焼け止めは面倒

基本中の基本ですが、どんなに疲れていてもどんなに眠くても、
必ずメイク落としをしましょう!

洗顔はしっかりと泡立てて、その泡で顔を包み込むように優しく丁寧に洗いましょう。
化粧水はパンパン!保湿クリームはグルグル!と力を入れていませんか?

力をいれれば浸透するわけではありませんから、
体温で浸透させるように手で顔を包み込んでリラックス♪

日焼け止めは一年中つけてください。紫外線は乾燥肌を作り出し、
シワやシミを発生させます。
十年後、日焼け止めをしてきて良かった~と、その結果を実感しますよ!

まとめ

食事については「良質なタンパク質を」とオススメしましたが、
当然バランスの良い食事が一番です。

タンパク質を効率よく摂るためにも、ミネラルやビタミンの摂取もお忘れなく!

敏感肌の方は、なかなか自分の肌に合う化粧品が見つからないこともあるかと思います。
できる限り、不必要な成分が入っていないものを使うようにしてみてはいかがでしょうか。

今はドラッグストアなどでも品揃えが豊富ですから、じっくり探してみてください。
そして、食生活も大切なのだということを改めて感じていただけたら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする