母の日にお義母さんへ贈るプレゼントの選び方は?

母の日

あぁ…今年も近づいてきましたね、母の日。

母の日は毎年5月の第2日曜日となっています。
2017年は5月14日。

もうすぐですね。

毎年、お嫁さんには頭が痛いイベントですよね…

お義母さんへのプレゼントって実の母親へのプレゼントとは全く違い、プレッシャーを感じてしまいます。

せっかく選ぶなら、喜んでもらいたい!

失敗したくない…

少しでも気持ちが軽くなるために、いろいろ調べてみました!

母の日のはじまりは?

church-150294_640

母の日はアメリカが発祥だと言われています。

元々は、亡き母を追悼するために教会で赤いカーネーションを配ったのがはじまりだったそうです。

カーネーションははじまりの花だったんですね。

その後、アメリカ全土に広まり日本にやって来たのは明治末期ごろ。

大正時代に、キリスト教が広まるのと同時に日本で定着していったそうです。

昭和の初めのころは当時の皇后、香淳皇后の誕生日である3月6日を母の日と定めることになりましたが、戦後現在の5月の第2日曜日となったそうです。

100年以上の歴史があるイベントだったんですね!

カーネーションを贈ることが一般的だったようで、

現在のようにプレゼントは多様化してなかったのかもしれません。

シンプルに、日頃の感謝を伝えることが大切ですね。

カーネーションを贈りたい

gift-1225413_960_720じゃあ、今年のプレゼントはカーネーションで決まり!と行きたいところですが

生花店には様々な色のカーネーションが並んでいますね。

今までどの色を選んでいましたか?

やはり、赤いカーネーションが多いのでしょうか。

中には、お義母さんに似合う色や、好きな色で選ばれた方もいるでしょう。

しかし、カーネーションには色によってそれぞれ違う花言葉があることをご存知でしょうか?

意味を知ってしまうと、中には贈ることを躊躇してしまうような色もありました。

カーネーションの花言葉いろいろ

flower-illustration-1975861_960_720

定番の 赤 「母の愛」など

ただし、色の深い赤は「欲望」など違った意味になるので注意!

白 「尊敬」「純粋な愛」など

素敵な花言葉ですが、一般的には亡くなったお母さんへ贈る色だとされているようです。

黄色 「軽蔑」「嫉妬」など

こちらも、母の日プレゼントには向きませんね…

紫 「気品」「誇り」など

青「永遠の幸福」など

緑「感動」「癒し」など

贈る前に知ってて良かった!となるような意味もたくさんありましたね。

過去に贈った色が失敗だった…という方もご安心ください。

カーネーション全体の花言葉は「無垢で深い愛」と母の日にはピッタリなのです。

今後は、気をつけて選んでみてくださいね。

人気のプレゼントは?

gift-bags-2067663_640

他のものも気になるという方は、

母の日にもらって嬉しかったプレゼントのランキングを参考にしてみてはどうですか?

1位 フラワーギフト

ダントツのようです。カーネーション以外にも

あじさいやバラなどほかの花も人気のようです。

2位 食事

一緒に食事へ出かけるのももちろんですが、遠方に住んでいたりでなかなか会えない場合は

お食事券を贈る場合もあるようです。

3位 ファッション小物

私は毎年小物を渡していました。

紫外線が強くなる時期でもあるので帽子やストールなどを選んでいました。

最近渡した中でお義母さんが喜ばれたのは、薄手のネックカバーでした。

スッポリ被るタイプやボタンで留めるタイプなど、

ストールをまく手間が省けると好評でした。

4位 洋服

こちらは、実のお母さんの例が多いのかもしれませんね。

好みがあるから…とお義母さんに贈るプレゼントでは上級者向けなのではないでしょうか。

一緒にショッピングへ出かけ、選んであげるというのもいいかもしれませんね。

5位 スイーツ

女性はいくつになっても甘い誘惑には弱いものです。

ネットでもたくさんのスイーツギフトがありますよね。

毎年、流行りのスイーツを贈るのもいいですね。

まとめ

thank-you-944086_640

母の日は、日頃の感謝を伝える大切な一日です。

調べていると、たくさんのお嫁さんたちがその感謝を形にして伝えたいと

いろいろと考えていることがわかりました。

カーネーションの花言葉である「無垢で深い愛」の姿だと思います。

その気持ちがあれば、きっと一番喜ばれるプレゼントになるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする