あじさいの色の種類は?花言葉もたくさんあった!

あじさい 生活

梅雨の時期、どんよりする中にパッと咲くあじさいの花を見ると気持ちが晴れますよね。
その種類はなんと50種類以上!
色のひみつや、それにまつわる花言葉を調べてみました。

 

あじさいの色は変わる?

hydrangea-842153_640

あじさいの育て方はとても簡単で、一度根付いてしまえばその後

何年も同じ場所に咲くくらい強い花です。

私も以前鉢植えをいただき、花が終わったあとで庭に植え替え育てていました。

しかし、数年後うまく根付いて咲いたあじさいを見て、あれ?と思ったのです。

鉢植えの時とは色が違うような…?

どうしてこんなことが起こったのでしょう。

それにはこんなメカニズムがあったのです。

 

あじさいの花のメカニズムとは

soil-766281_640

あじさいの色は、土壌が酸性かアルカリ性かで変わるそうです。

アントシアニンという名前を聞いたことはありませんか?

ブリーベリーやアサイーなどの果実や、花の青、赤、紫を示す水溶性の成分で

あじさいにも含まれています。

そのアントシアニンや補助色素の働きにより、花の色が青っぽくなったり

赤っぽくなったりするのです。

色素の成分は、土壌に含まれるアルミニウムと結合して発色するのですが、

吸収される量が多いと青系に、逆に少ないと赤系になるそうです。

アルミニウムは、土壌が酸性になることでよく溶け、アルカリ性には溶けません。

よって酸性の土壌では青系、アルカリ性の土壌では赤系のあじさいがみられるということになります。

白色のあじさいもありますが、そもそも色素を持っていないので土壌の成分には左右されないそうです。

 

同じ株で色が違うのはなぜ?

hydrangeas-177317_640

色が変わるメカニズムはわかったのですが、

うちに咲いているあじさいは同じところで咲いているのに色が違っています。

これにもひみつがあるようです。

ひとつの株からいくつもの茎が伸び花が咲いているあじさいは、

花を咲かせるためにたくさんの根を張り巡らします。

その根が吸収する土壌の成分が異なるため、同じ株から咲いている花でも

茎が違うと花の色が違ってくるというのです。

また、時間の経過によっても色が変わり、老化していくごとに赤みを帯びてくるようです。

周りの環境により色を変えてしまうあじさいは別名「七変化」といわれています。

まさにその通りですね。

 

花言葉いろいろ

hydrangea-1664858_640

デリケートな性質のおかげで、あじさいの花の色はたくさんあり

いろんなバリエーションで楽しませてくれますね。

あじさいの全体の花言葉は昔から、「移り気」「浮気」などのあまり良くない意味が多く見られました。

最近ではいい意味も多く、「団結」「家族団らん」など、いくつもの小さな花が集まっている様子からつけられているものもありました。

また、色により全く違う意味を持ちます。

いくつかご紹介しますね。

青系 「冷淡」「知的」「神秘」など

青い凛とした姿からつけられたのでしょうか。

クールな印象ですね。

 

赤系 「元気な女性」

こちらは明るい印象ですね。

母の日に贈るのにはピッタリです。

 

白 「寛容」「ひたむきな愛情」

広い心や清楚な様子がうかがえますね。

 

また、ガクアジサイという種類には別の花言葉がありました。

小さな花のまわりに大きな花が咲くタイプのあじさいなのですが、

花言葉は「謙虚」

その小さな花のことをあらわしているのでしょうね。

 

まとめ

houses-777759_640

これからの季節、目にすることが増えるあじさいですが
どの色も目をひきますよね。

たくさんの花言葉を持っているということは、それだけたくさんの人の目を
楽しませてきたからではないでしょうか。

今年もいろんな場所できれいな花を咲かせて
雨の日にいろどりを添えてもらいたいですね。

 

生活
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました