脂肪燃焼スープダイエットを実践した結果、リバウンド!?その原因とは?

スープ

近年話題となったダイエット法、それが「脂肪燃焼スープダイエット」です。
このダイエット方法は1週間のうち、脂肪燃焼スープ+〇〇という形でスープと指定されたものを摂取します。
それ以外は食べてはいけないというルールとなっています。

脂肪燃焼スープは何杯食べてもOKですからお腹がすいた時にはこのスープを食べたらいいのです。
結構簡単だと思った私は学生時代に1週間チャレンジしてみることにしました。

最初は1キロ減ったのですが最終的にはリバウンドしてしまいました。
脂肪燃焼スープダイエットによってリバウンドをしたその原因についてご紹介したいと思います。

脂肪燃焼スープダイエットとは

食生活

脂肪燃焼スープダイエットとは、先ほども簡単には説明しましたが、
1週間のうち、脂肪燃焼スープ+指定されたもの以外は摂取してはいけないというダイエット方法です。

水分は、水、 白湯、お茶、コーヒー以外は飲めません。

脂肪燃焼スープダイエットを1週間実践!

白湯

まずは脂肪燃焼スープを作ります。

材料

・玉ねぎ…大2個(大3個で作ってみたときにあまりにも量が多すぎて腐ってしまったことがあったので2個に減らしています。)
・ピーマン…1個
・セロリ…1本
・チキンスープの素…1個
・トマト缶…1缶
・キャベツ…1/2個

作り方

①野菜はそれぞれ一口大にきります。
②鍋にトマト缶とチキンスープの素をいれ、水を鍋の半分くらいまでいれます。
③野菜を柔らかくなるまで煮ます。(時短したかったら先にレンジ500w1分半します)
④塩コショウをします。(味に飽きたときはカレー粉を入れたりしていました。)
肉

脂肪燃焼スープダイエットのルールに沿って実施

1日目:スープとフルーツのみ
フルーツにはバナナは含まれません。初日から、「フルーツって結構値段が高いから買えないな…」なんていう気持ちがあり、リンゴ1個しか買いませんでした。その日がりんご1個128円の日で安かったのもあります。
この時からスープに飽き始めました。お腹いっぱいにはなりますがトマト味が強すぎて苦手意識を持ってしまったからです。

2日目:スープと野菜のみ
1日目のフルーツってデザート感覚で食べることができたのでなんとか乗り切ることができましたが、野菜となると、食べる気がしませんでした。夕食はポテトを食べてよいということだったので勉強がてら、マクドナルドでポテトを食べて食べて食べまくりました。笑

3日目:スープとフルーツと野菜
3日目には便秘も解消されたこともあり、体重1キロ減に成功!しかし、この頃から勉強をする時にぼーっとすることが多くなりました。部活でも気分不良になり途中で抜けました。

4日目:スープとバナナとスキムミルクの日
バナナはぱくぱく食べれましたがスキムミルクは500ml飲まなければいけませんでしたので吐き気もしましたし、イライラするようになりました。お菓子の誘惑に何度も挫折しそうになりました。

5日目:スープと肉とトマトの日
やっとお肉が食べれる!と思い思い切って牛肉を大量に買って焼いて食べていました。この時はスープにかなり飽きてしまっていたのでカレー味にして食べました。

6日目:スープと牛肉と野菜の日
5日目と同じように摂取。

7日目:玄米と野菜とフルーツジュースの日

最終日ということもあり、玄米をたくさんたべました。お米だけでも本当においしく感じました。

結果&原因は?

トレーニング

結果としては3日目に計測した1キロ減のままでしたので、がっかりしました。

原因として考えられるのは、タンパク質不足です。
タンパク質が不足することにより筋肉量が減ってしまいます。

筋肉は脂肪を減らすためには重要ですので
これが減ってしまうとかえってリバウンドしやすくなるのです。

まとめ

脂肪燃焼スープダイエットは偏った食生活になってしまいますので
体調を崩さないように気を付けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする