口の中が乾燥すると気になる口臭 口臭を消す方法についてお教えします

乾燥

人間が嫌がる体臭の中で、圧倒的に嫌われるのが、口臭です。

人と話している時、口の中の乾燥やネバつきが気になること、ありませんか?

そんなとき、口臭が発生していて、相手に不快感を与えているかもしれない、と気になりますよね。

そこで、何故口の中が乾燥すると口臭が強くなるのか、また、口臭を消す方法について、まとめてみました。

口臭の正体は?

乾燥

口臭の元となる臭いは、悪玉菌が分解・腐敗させることで発生する、インドールやスカトールといった成分です。

これらは、人間が本能的に嫌う匂いなので、体臭の中でも口臭が圧倒的に嫌われるんですね。

この悪玉菌も、人間の常在菌なので、無くなることはありません。

そのため、たとえきれいにしても、菌が活性化しやすい環境が整うと、一晩で菌が増え、口臭の原因となってしまうのです。

口の中が乾燥すると口臭が発生する理由

口臭

では、何故口の中が乾燥すると口臭が発生するのでしょうか?

悪玉菌が口臭の元となっていることはお伝えしました。

この悪玉菌の増減のカギを握っているのが唾液です。

唾液には、口腔内をきれいにし、雑菌を殺菌する効果があります。

つまり、唾液の量が減少する=口の中が乾燥すると、雑菌が増えて口臭が発生しやすくなるのです。

一日のうち、最も唾液が少なくなるのは起床時です。

朝起きた時に口がネバネバする感じになっているのは、口の中が乾燥して、少ない唾液に細菌が凝縮された状態だから。

朝起きた時に口臭が最も強くなるのは、このためです。

また、口呼吸をしていると、口の中が乾燥するので、口臭の原因となります。

口の中の乾燥による口臭を消す方法

消す方法

唾液が減少し、口の中が乾燥すると、口臭が発生することがお分かりいただけたと思います。

では、口の中の乾燥による口臭を消す方法はあるのでしょうか。

口の中の乾燥の原因は、唾液が減少することですから、唾液を増やすことで、口臭を消すことができます。

鼻呼吸の習慣を身につける

上述の通り、口呼吸は口の中を乾燥させてしまうので、鼻呼吸をするようにしましょう。

鼻呼吸の習慣を身につける方法としては、

  • 1日に数回、口を閉じてガムを噛む(転がす)
  • 食事の際、食べ物を噛む時は口を閉じ、たくさん噛むことを意識する
  • 鼻孔を広げるテープを使う
  • 口閉じテープを使う

があります。

鼻孔を広げるテープや口閉じテープは、睡眠中でも有効ですので、寝ている間に口を開けてしまう癖がある人は、ぜひ取り入れてみてください。

唾液を増やす食べ物を食べる

唾液を増やす食べ物もいろいろあるので、試してみてくださいね。

飴やガム

飴を舐めたり、ガムを噛んだりすることで、口中の唾液を増やすことができます。

梅干しやレモン

梅干しやレモンの酸っぱさが、唾液を分泌し、唾液による洗浄抗菌作用を期待できます。

また、梅干しやレモンに含まれるクエン酸には強力な殺菌作用と雑菌の繁殖を抑制する働きがあります。

梅干しは、舌の上で転がしておくと効果が大きいです。

レモンはそのまま齧るという訳にもいかないので、レモン水にして飲むと良いでしょう。

水分補給には、水やレモン水を飲むのがおススメです。

めかぶ

海藻のぬるぬる部分に含まれるフコイダンは、臭い成分をぬるぬるで包み込むほか、口の中の保湿にも効果的なので、乾燥による口臭を予防できます。

まとめ

唾液の分泌が抑制され、口の中が乾燥すると、口臭が発生することが分かりました。

つまり、口の中の乾燥が原因の口臭を消す方法としては、唾液の分泌を促すことが有効です。

鼻呼吸を心掛けることと、唾液の分泌を促す食べ物を取り入れることで、口臭を消したり予防したりすることができるので、是非試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする