冬に増える脳卒中 寒さ対策で予防しましょう

冬

脳血管疾患は、「日本人の三大死因」の一つと言われています。

その代表例が、脳卒中です。

脳卒中は、冬場の寒いシーズンに増える傾向があります。

そこで、冬の脳卒中リスクが増加する原因と対策、中でも寒さ対策についてまとめてみましたので、参考になさってみてくださいね。

冬に脳卒中が増加する原因

冬

脳卒中とは、脳の血管に障害が起きて脳組織の一部が死んでしまう病気の総称です。

脳卒中は、血管が詰まるタイプと血管が破れるタイプの2つにわけることができます。

血管が詰まるタイプの代表例が、脳梗塞。

血管が破れるタイプには、脳出血やクモ膜下出血があります。

一般に、日本人の脳卒中患者の約7割は、脳梗塞と言われています。

冬に脳卒中が増加する原因 気温

では、冬場に脳卒中の患者が増える原因は、何でしょうか。

医師によると、気温と関係があるそうです。

冬場の脳卒中が多発するベースには、屋内と屋外での寒暖の差が激しくなりやすいことがあります。

気温が低くなると、末梢血管が収縮して血圧が高くなりやすくなります。

血管が破れるタイプの脳出血やクモ膜下出血は、血圧の急激な上昇で起こるとされています。

冬に脳卒中が増加する原因 脱水

気温の他にも、もう一つ冬場の脳卒中、特に脳梗塞のリスクを高める因子が、脱水です。

脱水と言うと夏場のイメージが強いですが、冬でも脱水症状に陥るケースは少なくないそうです。

例えば、長時間の入浴をすると、汗をかくことで体内の水分が奪われ、脱水症状になります。

また、こたつや電気毛布などの暖房器具で暖まりすぎると、自覚することなく気道や皮膚から水分が蒸散することで、体内の水分が失われ、脱水状態になると言われています。

もう一つ、アルコールは利尿作用がるので、飲酒も脱水を促します。

冬の脳卒中を予防する寒さ対策

脳卒中

ここでは、上述の冬の脳卒中の原因の一つ、気温についての対策をご紹介したいと思います。

上にも書いた通り、寒暖差が、血管が破れるタイプの脳卒中の原因です。

そこで、冬の脳卒中対策としては、まず、なるべく暖かい場所で過ごすのが良いでしょう。

そして、屋内と屋外、また屋内でも暖房の効いた部屋と脱衣所などの暖房をあまりしない場所との寒暖差をなくすことが肝要です。

暖房の効いた部屋と脱衣所やトイレの温度差が10℃以上あると、急激な温度差により脳血管疾患を引き起こすヒートショックを引き起こしてしまいます。

脱衣所や洗面所、トイレなど、あまり暖房をせず寒い場所に行く時には、カーディガンを羽織ったり厚手の靴下を履いたりするようして、暖かくするようにしましょう。

また、近年は脱衣所やトイレなど向けのセラミックヒーターや温風機などの暖房器具も販売されています。

最近では、人感センサーの付いたものもあるので、こういったものを取り入れるのもおススメです。

特に、お風呂に入る場合は、冷たい浴室にいきなり入ったり、すぐに熱い湯船につかったりすると、血圧を急速に上げて脳血管や心臓に負担がかかります。

お風呂に入る前に、湯船の蓋を開けるなどして浴室を暖めたり、心臓から遠い足先からゆっくりと温めていくようにしたりして、血圧の急激な上昇を避けましょう。

まとめ

冬場に増加する脳卒中の原因と寒さ対策についてまとめてみました。

脳卒中を起こすのは、高齢者に限った事ではありません。

暖房の効いた部屋と脱衣所など暖房の効いていない場所の温度差をできるだけなくして、脳卒中を予防しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする