ケーキのデコレーションに使われる、いちご以外の果物は何?

ケーキ

お誕生日ケーキやクリスマスケーキなど、ケーキのデコレーションの定番と言えば、いちごですよね。

今日では、クリスマス需要があるので、いちごが一番店頭を飾るのは12月後半~2月くらいですが、いちごの旬は、本来露地物では3月~4月です。

結論的には、いちごが最もおいしく、安くたくさん出回る時期は1月~3月と言われています。

最近では、いちごがおいしく安く手に入らない季節のケーキのデコレーションには、いちご以外の果物が使われることも多くなりました。

そこで、ケーキのデコレーションに使われる、いちご以外の果物について調べてみました。

ショートケーキの定番 いちごのショートケーキ

ケーキ

ショートケーキと言えば、いちご!ですよね。

日本では、スポンジケーキを土台にして、ホイップクリームを繋ぎと外装に使い、いちごを味付けに使ったケーキのことを、「ストロベリーショートケーキ」と言います

一般的には、単に「ショートケーキ」と言うと、この「ストロベリーショートケーキ」のことですね。

いちご以外の果物を使ったものは、通常はその食材の名前を冠して、「ピーチショートケーキ」や「メロンショートケーキ」などと言います。

ちなみに、アメリカ式のショートケーキはスポンジケーキではなく、「ビスケット」と呼ばれるパンとケーキの中間のようなものを土台にしています。

また、フランス式のショートケーキは、スポンジにアーモンドペーストが入り、しっとりしたものになっています。

日本式のショートケーキは、アメリカ式のショートケイク(shortcake)を日本風にアレンジしたものと言われています。

ショートケーキに使われる、いちご以外の果物

いちご以外

上にも書いた通り、最近ではちょっと凝ったケーキ屋さんやカフェなどでは、「バナナショートケーキ」や「メロンショートケーキ」などが置いてあったりしますね。

では、いちご以外の果物で、ケーキのデコレーションに使われる果物ってどんなものがあるのでしょうか。

実際に販売されているショートケーキに使われている果物を調べてみました。

赤肉メロン

緑のメロンより、青臭さが少なくて、甘みが強いのが特長です。

果汁もたっぷりで瑞々しいのも、美味しさのポイント。

酸味がなく、単調な味わいになりがちなため、パインなどを併せてバランスを調整しているようですね。

マンゴー

フィリピン産マンゴーは酸味が強めですが、タイの「マハチャノック マンゴー」は、程よい酸味といちご程度の果汁、食べ応えのある食感が人気だそうです。

シャインマスカット

繊細な風味のシャインマスカット。

生クリームには、コクのあるキビ砂糖を使っているお店も。

優しいミルキーな味が、繊細なシャインマスカットの味を引き立てるそうですよ。

シャインマスカットと同じく、やや繊細な風味の桃。

いわゆる「ピーチショートケーキ」ですね。

最近ではわりと多く見かけるのではないでしょうか。

まとめ

やはり、ショートケーキのデコレーションと言えば、いちごが鉄板ですが、最近はいろいろな果物のショートケーキが作られています。

ケーキ屋さんの店頭やカフェのメニューも、多彩なケーキで彩られていますよね。

いちご以外の果物を使ったショートケーキもどんどん楽しみたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする