日焼けのシミは消せる?塗るだけで日焼けのシミを消す方法

日焼けのシミ

日焼けのシミは、病名としては『老人性色素斑』と言われます。

「え?老人性?じゃあ、若いうちは出ない?」

なんて思ってしまいがちですが、そんなことはありません。肌質によっては、10代の頃から出やすい方もいらっしゃいます。

日焼けのシミは、長年日焼け対策を怠ると出やすく、色はだんだん濃くなっていきます。

「なんだか、シミが増えた」「シミが濃くなったみたい」・・・。

そんな日焼けのシミを、お薬で消す方法があります。

日焼けのシミは、何故できる?

日焼けのシミ
日焼け=シミ、つまり日焼けは悪いものだと思い込んでいませんか?

実は、日焼けは紫外線による刺激から肌を守るため、メラニン色素が生成されてできたバリアのようなものです。

しかし、それも程度問題。健やかな肌であれば、メラニン色素は、新陳代謝で最終的には垢となり排出されます。

が、加齢やストレスなどにより、新陳代謝が十分に行われなくなった肌では、過剰に生成されたメラニンを排出し切れずに、色素沈着してしまい、シミとなります

日焼けのシミは消すより、まず予防

消す
できてしまった日焼けのシミを消すより、シミができる前にまず予防をすることが大切です。

日焼け止めを毎日塗ることを、習慣づけましょう。

紫外線は、夏だけのように思いがちですが、基本的には一年中降り注いでいます。蓄積された紫外線は、シミの原因になりますから、年間を通したケアを心がけます

日焼け止めはむらなく塗ることが大切です。まず化粧水で肌を潤し、日焼け止めの馴染みをよくします。

日焼け止めを少量ずつ手のひらに取り、肌全体にのばします。もう一度同量をのばして、塗り残しを防ぎましょう。

全体にむらなくのばすことで、肌全体を均等に日焼けのシミから守ることができます。

できてしまった日焼けのシミをお薬で消す方法

方法
それでも、できてしまうのが日焼けのシミですよね。そんな「うっかり」日焼けのシミをお薬で消す方法があります。

病院に行くと処方してもらえる2種類の軟膏トレチノインハイドロキノンをご紹介します。市販もされていますが、効果が強い分、副作用も強いので、専門家の指導のもと使うことをお勧めします。

トレチノイン

ピーリング作用があり、古い角質をはがして肌の表面にある細胞を増やすのを助けるお薬です。肌の新陳代謝を良くする結果、メラニン色素を外に排出しやすくします。

シミの部分にだけ、綿棒で塗り込むようにします。

ハイドロキノン

『肌の漂白剤』とも言われるお薬で、シミの元となるメラニン色素ができるのを抑制し、メラニン色素を作る細胞の数も減少させる効果があります。

指でのばして、クリームが消えるようになるまで塗り込みます。

ダブル使いが効果的

トレチノインとハイドロキノンを併せて使うと効果的です。

まず洗顔後、化粧水で肌を整えます。トレチノインをシミに塗り込み、ハイドロキノンを全体に塗ります。最後に保湿クリームで保湿をします。

使用中は紫外線を避ける必要がありますので、日中は日焼け止めで必ずUVケアをしましょう。

まとめ

シミ
日焼けのシミは、日焼けをしなければできないシミですから、まずは日焼けをしないように予防をすることが大切です。

それでもできてしまったシミには、トレチノインとハイドロキノンのダブル使いがお勧めです。

効果が期待できるお薬ですが、その分副作用も強く、肌が白く抜ける『白斑』などの大病につながりかねませんので、必ず専門のお医者さまに相談して使いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする