ssdとhddを上手に使い分けて、快適なパソコンライフを

SSD パソコン

HDD(ハードディスクドライブ)は、従来から利用されている大容量記憶装置です。

パソコンを使わない人でも聞いたことがあるのではないでしょうか。

これに対し、SSD(ソリッドステートドライブ)は、最近、これを搭載したパソコンが目に付くようになってきた記憶装置です。

新しく登場した分、何となくSSDの方が優れているイメージを抱いてしまいがちですが、具体的にSSDとHDDの違いについて把握できていないのではないでしょうか。

そこで、SSDとHDDのそれぞれの特徴と、メリット・デメリット、そして、SSDとHDDの使い分けについて簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

SSDとHDD 違いとメリット・デメリット

SSD

まずは、SSDとHDDの基本的な違いについてまとめていきます。

SSDの概要

SSD(ソリッドステートドライブ)の記憶媒体は、磁気ディスクを用いるHDDと異なり、半導体メモリです。

USBメモリやSDカードで採用されているフラッシュメモリも半導体メモリの一種ですので、SSDは、同じ仕組みの大容量版だと考えてよいでしょう。

USB端子に接続して用いるUSBメモリと違い、SSDは基盤に接続する内蔵型や基盤、USBデバイスなどの形で供給されています。

HDDの概要

HDD(ハードディスクドライブ)は、内蔵された磁気ディスクにデータを保存する大容量記憶装置です。

従来は、大容量記憶装置というと、HDD以外の選択肢はほとんどありませんでした。

そのため、現在も広く普及している大容量記憶装置です。

SSDのメリット・デメリット

SSDのメリットは、非常に多いのですが、特に注目したいのが、スピードと静音性、堅牢性です。

HDDは、磁気ディスクをレコード盤のように読み書きするので時間がかかりますが、SSDは、フラッシュメモリなので、書き込みのスピードは非常に高速です。

また、HDDのように駆動部分がないので、無音で消費電力が少なく、振動や衝撃に対して強くなっています。

SSDのデメリットは、普及が始まったばかりで、かつ、フラッシュメモリの単価が高いため、容量当たりの価格が高いことです。

書き換え回数に制限のあるUSBメモリやSDカードと同じ仕組みなので、SSDにも書き換え回数に制限があり、HDDに比べて寿命が短い感があります。

HDDのメリット・デメリット

長く大容量記憶装置として普及してきたので、大容量化が進んでいることと、容量当たりの単価が安いことが、HDDの最大のメリットです。

GB単位の容量ならば、SSDも比較対象になりますが、TB単位になるとHDDの独壇場といえます。

SSD は、長期間使用しないと、自然放電によってデータを焼失してしまうことがあります。

一方、HDD は磁気ディスクに書き込んでおくので、そのまま放置しても、自然放電によってデータが消失することはありません。

ただし、磁気ディスクに磁気ヘッドを充てて読み書きするため、磁気ディスクの回転音やモーター音が発生し、静音性に劣ります。

また、駆動部分が多い分、消費電力も多くなり、発熱も伴います。

レコード盤のように、磁気ヘッドを磁気ディスクに直接あてるため、振動や衝撃の影響を受けやすく、最悪の場合、破損することもあります。

スポンサーリンク

SSDとHDDの上手な使い分け

hdd

SSDは、読み書きのスピードが速い一方、容量当たりの単価が高いこと、自然放電によってデータが消失する可能性があります。

これらの特徴から、早い起動が求められるOSやアプリなどのデータは、アクセススピードを重視して、SSDに保存するのがよいでしょう。

一方、個人的に作成したデータなどは、容量が大きくなりがちですし書き換え回数も多くなり、また、長期保存を前提としているので、HDDでの保存がお勧めです。

スポンサーリンク

まとめ

SSDとHDDは、どちらも大容量記憶装置ですが、それぞれに特徴があり、メリット・デメリットがあります。

これらの特徴を活かして、SSDとHDDを上手に使い分けすると、パソコンを快適に使うことができるでしょう。

 

パソコン
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました