ノートパソコンのデスクトップ化 電源の管理

ノートパソコン パソコン

自宅や事務所ではデスクトップを、外出時はノートパソコンを、と2台のパソコンを使い分けている方も多いと思います。

デスクトップは当然持ち運びができませんし、一方、ノートパソコンには持ち運びはできるけれど、画面やキーボードが小さいというデメリットもあります。

しかし、ノートパソコンをデスクトップ化すれば、ノートパソコン1台で、自宅用と外出用(持ち運び用)の両方をカバーできます。

そこで、この記事では、ノートパソコンのデスクトップ化について、特に電源の管理を中心にまとめました。

スポンサーリンク

ノートパソコンのデスクトップ化

ノートパソコン

ノートパソコンをそのままデスクトップ代わりに使う場合、モニターとキーボードが小さいなど、そのままでは使用感がよくないですね。

例えば、

  • モニターが小さくて見づらい
  • キーボードの操作がしにくい
  • モニターとキーボードの間の距離が短い
  • 開け閉めをしなくてはならない
  • 意外と奥行きがあり、場所を取る

などで、使い勝手が悪くなっています。

そこで、大きな外部モニターやキーボードを外付けして、デスクトップ化して使うと使いやすく疲れにくくなります。

スポンサーリンク

ノートパソコンをデスクトップ化した時の電源の管理

デスクトップ化

ノートパソコンをデスクトップ化した場合、そのノートパソコンをどこにどのように置くか、というのは、作業できる場所を確保する上で考えてしまいますね。

そのまま置いては、上記の意外と奥行きがあって場所を取る、という悩みが解決されず、作業スペースが狭くなってしまいます。

そこで、ノートパソコンを閉じて、さらに縦に置くことができれば、省スペースが図れますよね。

ですが、ノートパソコンを閉じてしまうと、スリープ状態になり作業ができません。

これをクリアするには、ノートパソコンの電源管理の設定を変える必要があります。

Windows7と10では、変更方法が少し異なります。

Windows7の場合

まず、コントロールパネルを開き、ハードウェアとサウンドをクリックします。

開いた画面で、電源オプションを選択します。

「カバーを閉じたときの動作の選択」を選びます。

「カバーを閉じたときの動作」を「何もしない」に変更し、変更を保存します。

Windows10の場合

まず、Windowsマークを右クリックして、「電源オプション」を選択します。

次に、「電源ボタンの動作を選択する」を選びます。

「カバーを閉じたときの動作」の「電源に接続」列の項目を「何もしない」に変更し、変更を保存します。

スポンサーリンク

まとめ

ノートパソコンをデスクトップ化するときには、ノートパソコンを閉じて使いたいですね。

ノートパソコンを閉じてしまうと、スリープ状態になり作業ができないので、電源の管理方法を変更する必要があります。

電源オプションで、カバーを閉じたときの動作を「何もしない」に変更すれば、ふたを閉じてもスリープ状態にならず、そのまま使用できます。

ノートパソコンをデスクトップ化することで、1台のノートパソコンで事務所・自宅用と持ち運び用の両方をカバーできますので、手間や費用も省くことができます。

ぜひ、この記事を参考に、ノートパソコンのデスクトップ化にチャレンジしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました