タイピングしやすいノートパソコンの選び方

タイピングしやすい パソコン

ノートパソコンにも多くの機種があり、選ぶのに悩んでしまいますね。

使用用途によって、ノートパソコンを選ぶときのポイントは変わってきます。

画面の大きさや、キーボードのタイピングのしやすさなどは重要なポイントになりますね。

ここでは、タイピングしやすいノートパソコンの選び方のポイントについて、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

タイピングしやすいノートパソコンとは

タイピングしやすい

一口にタイピングしやすいノートパソコンといっても、使用用途や個々人の好みによって、どんなものがタイピングしやすいかは、変わってきます。

ブログの更新をたくさんしたいか、長文を書くことが多いかで変わってきます。

キーストローク(キーを押し下げたときのキートップが沈み込む深さ)やキーピッチ(キーの中心から隣のキーの中心までの距離)などは個々人の好みが分かれますし、手の大きさでも感覚が変わりますよね。

そこで、タイピングしやすいノートパソコンについて、一般的な条件をまとめてみました。

キーストローク

キーストロークが2㎜~4㎜であれば、しっかりと押した感触を得られてタイピングしやすいですが、ノートパソコンではめったにありません。

ノートパソコン、外付けのキーボードを含めて、標準的な深さは2㎜となっています。

十分な深さで打ちやすさが確保されるのは、1.5㎜~2㎜です。

1㎜~1.5㎜では、浅く感じるようになり、タイピングしやすいとは言い難いですが、浅めが好みの人には向いています。

キーピッチ

キーピッチは、19㎜あれば十分な広さで、誰もがタイピングしやすいです。

19㎜は、ノートパソコンでも外付けのキーボードでも主流の広さです。

17㎜~18㎜では、やや狭さを感じるようになりますが、十分なタイピングしやすさを確保できるでしょう。

手が小さい人には、19㎜よりタイピングしやすいと感じることもあります。

スポンサーリンク

タイピングしやすいノートパソコンの選び方

ノートパソコン

結論から言うと、タイピングしやすいノートパソコンの選び方とは、まず実際にノートパソコンのキーボードを触ってみることです。

通販で購入する場合も、一度は実店舗に行って実機を触ってみることをお勧めします。

その時に、キーストロークやキーピッチについて確認をしましょう。

また、キーボードがアイソレーション設計になっているものを選ぶと、キー同士の間隔が広いため、一般的にはタイピングしやすいと思います。

また、通販では同じ機種がなくても、メーカーにはそれぞれのキー配置などがありますので、参考になるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

タイピングしやすいノートパソコンというのは、使用用途や個人の好みで異なってきます。

お勧めなのは、実店舗で実際にノートパソコンのキーボードに触れてみることです。

その時に、キーピッチやキーストローク、キー同士の間隔などについて、タイピングしやすいかどうかを確認してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました