見えない背中だからこそ、気を使いたい!背中のシミを消す方法

シミ シミ

背中は自分では見ることができず、そのため見る機会が少ないですよね。

気づいた時には、たくさんシミができていた、なんて経験ありませんか?

ときどき、鏡でチェックしたり、他の人に見てもらったりして、背中のシミの有無を確認した方がいいですね。

それでは、背中にシミができる原因は何でしょうか?

スポンサーリンク

背中にシミができる3つの原因

背中
背中にシミができる原因は大きく分けて3つあります。ニキビによる炎症性色素沈着紫外線による老人性色素斑ホルモンバランスの乱れによりターンオーバーが不十分になることの3つです。

ニキビの原因としては、皮脂分泌の過多、ストレス、肌トラブルが考えられます。

スポンサーリンク

病気が原因の背中のシミもある

シミ

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)とも言われます。中年になってから起こりやすい皮膚にできる良性の腫瘍です。

遺伝的要素や、紫外線による誘発などが原因とされます。

癜風(でんぷう)

癜風菌による皮膚の病気です。

汗をかき易い人に多く、背中の他、胸や腋など汗をかき易い場所に発生します。

自分で治すことができず、病院で処方される内服薬や外用薬で治療します。

光線性花弁状色素斑(こうせんせいかべんじょうしきそはん)

夏、長時間一気に太陽に当たって日焼けをした後、水ぶくれになり、シミとなって残るものです。

主に茶色や黒のシミで、レーザー治療が有効です。

皮膚がん

初期の皮膚がんは小さく、ほくろや湿疹、シミなどに見えます。急に発生したほくろや、どんどん大きくなるほくろがある場合は、皮膚科に行ってみると良いでしょう。

スポンサーリンク

背中のシミを消すための対策と治療

消す
背中のシミを消すには、美白化粧品の利用と、病院での治療が考えられます。

美白化粧品によるケアで背中のシミを消す

美白化粧品によるケアで大切なのは、化粧品の選び方です。

背中は化粧品を塗りにくく、またシミが広範囲に広がっているケースが多いです。

化粧水では流れてしまいますし、美容液では量が少なくすぐになくなってしまうので、広い背中にも使えて、保湿成分・美白成分が一本にまとまったオールインワンゲルがおススメです。

厚生労働省が許可した有効な成分が一定の濃度で配合されている『医薬部外品』を選ぶことも重要です。美白を謳っていても、十分な濃度の成分が含まれていない商品もあります。

実際に化粧品を使ったモニターテストが行われているものであれば、なお良いでしょう。

病院での治療で背中のシミを消す

シミにはいろいろな種類がありますので、シミの種類を診断してもらうことが治療の第一歩となります。

治療法としては、トレチノインハイドロキノンという外用薬による治療、レーザー治療光治療ピーリング高濃度ビタミンCの点滴や注射などがあります。

スポンサーリンク

まとめ

シミ
普段見ることのない自分の背中ですが、いつの間にかシミができていることがあります。時には、人に見てもらったり鏡を使ったりして、チェックをしてみましょう。

シミが見つかったときには、まず皮膚科で見てもらうのがいいでしょう。シミの種類の診断をしてもらい、ケアや治療の方法を決めましょう。

美白化粧品を使う場合には、継続することが大切です。

いずれにしても、できてしまったからと諦めずに、背中のシミを消す対策をして、自信を持って背中のあいた服を着たいですね。

シミ
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました