ナチュラルなメイク術、簡単で美肌になる方法を知りたい!

美肌 メイク 方法

せっかくのメイクも、厚塗りになったり浮いてしまったりしては台無しですよね。

透明感のある美肌を作り出すメイク術を、プロのお話しも入れながら紹介していきます。

メイクは下地をおろそかにしてはダメ

美肌 メイク 方法

「メイクは下地でほぼ決まる!」と言われるほどに、ファンデーションの前に時間をかけることが美肌に見せるコツなんですね。

下地をしっかりしておけば、ファンデーションも厚くなりすぎることはありません。

なによりもスッピン肌の様なナチュラルな美しさに仕上がります。

下地をキレイに塗る方法

下地を塗るときは、薄く顔全体にのばすのがポイント!
だいたい、あずき粒くらいの量を目安にしてください。

額・両方の頬・鼻・アゴに乗せたら、外側に向かってのばします。
必ず優しく、スーッとのばしてから顔全体にむらなく広げてくださいね。

乾燥しているときは保湿をいつも以上に行い
日焼け止めが必要な場合は下地の前に済ませます。

しっかり下準備が整ったら、やっとファンデーションの出番です。

プロのメイク術とはどのようなものなのか?
自分でもできることは、どんどん真似しちゃいましょう!

IKKO流メイク方法

美肌 メイク 方法

メイクに入る前のスキンケアに数分の時間をとることで、
仕上がりに大きな差が出るのだと言うIKKOさん。
美肌を追求し続けるプロが行うスキンケア法は、意外にも簡単なポイントだったのです。

ファンデーションの前の下準備が美肌の方法

・毛穴を開かせる
まずは洗顔、その後に蒸しタオルを1~2分顔に乗せて毛穴を開かせます。
できれば首の後ろにもあてると毛穴が開きやすくなります。

・お手軽ティッシュパック
その名の通り、普段使っているティッシュペーパーに普段使っている化粧水をたっぷりと浸して顔をパックします。
首に蒸しタオルをあてながらパックをしちゃってOKです。
※ティッシュは渇く前に外してくださいね!水分が逆戻りしてしまいます。

・ハンドプレスで潤いを閉じ込める
最後は必ず潤い補給。美容液や乳液などで保湿したら、手のひら全体を使ってハンドプレスをしましょう。毛穴の奥まで潤いを届けて閉じ込めるように。

ここまでがIKKOさん流の下準備です。次はメイクに入りますよ!

ファンデーションで美肌を作る方法

美肌 メイク 方法

IKKOさんは時短テクニックとしてBBクリームをすすめていますが、BBクリームは下地や日焼け止めなどが必要ないので忙しい人にはもってこいなんです。

保湿まで完了したらファンデーションです。
ここでは、リキッドファンデーションかクリームファンデーションを使い、話題になっている「男塗り」をご紹介します。

・ファンデーションやBBクリームを、普段より少し多めに手のひらに取ります。
慣れるまではドバっと出さずに、量を調節してみてください。

・両手でこすり合わせて、手のひらの体温で温める。

・そのまま顔を覆うようにして、顔の中心から外側に向かって押さえこむ感じでファンデーションをのせていきます。擦ったりのばすのではなく、軽くたたきこむイメージです。

・最後に手のひらを密着させて、定着させたら完了です。
小鼻や口の周りなどの細かいところは、スポンジや指を使って馴染ませてください。

これで良いの?!と思うくらい簡単ですね。
この方法だと、簡単なうえにメイクが崩れにくいんです!

メイクはやり過ぎないことが一番大切

美肌 メイク 方法
シミや毛穴を隠したくてファンデーションを塗りたくり、気付けば厚塗りのお面の様な顔になっていませんか?

隠したい部分はコンシーラーに頼りましょう。

ファンデーションは薄くして上手にコンシーラーを使えば、
シミもキレイに隠すことができますよ。

最後の仕上げにフェイスパウダーを軽くのせれば、
毛穴が見えないくらいの美肌メイクが完成!

やり過ぎない、ナチュラルなメイクを目指しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする