バストアップに有効なツボとポイントを分かりやすく説明

woman-1659570_960_720 バストアップ

バストアップに効果的なツボがあることをご存知でしたか?
毎日少しのツボ押しを続けるだけで効果があるなんて、そんな夢のようなことがあるのでしょうか?でも、体のいたるところにはツボがあり、肩こりや腰痛などにも効果があるのは間違いいありませんから、バストにだって効果があっても不思議ではありません。

ツボ押しが効果的な理由

バストアップするためには、女性ホルモンの分泌とリンパの流れを促進することが重要です。そのツボを的確に押すことで、バストアップしやすい土台を作るのです。

乳腺と脂肪の関係

バスト アップ ツボ
乳房とは、その中に枝の様に張りめぐらされた乳腺と、乳腺の周りに守るようについている脂肪から構成されています。
乳腺を発達させることで脂肪がつきやすくなりますので、ツボを押して促します。
その脂肪が、バストアップに必要な土台になるわけですね。

代謝を上げる

バスト アップ ツボ
代謝を上げれば血流が良くなりますよね。血流が良くなればリンパの流れを促進し、エストロゲンと言う乳腺を発達させる女性ホルモンがバストにも循環するようになります。
ツボを押すことで、このエストロゲンが大量に分泌されますから、バストアップと同時に美肌にも効果があるのです。

バストアップに有効な5つのツボ

バスト アップ ツボ
神封(しんぽう)

バストアップには最も有効だと言われるツボが神封です。
左右の乳首をつないだライン上、その中心から乳首方向に3cm程戻った少しくぼみのある場所です。
谷間から乳首に向かって指を滑らせると、くぼみを発見できると思います。

神封は少し強めに親指で押します。1回3秒を左右3回ずつ同時に押すと効果的です。

壇中(だんちゅう)

左右の乳首をでつないだライン上の中心にあるツボが壇中です。
少し痛いと感じるあたりを最初は少しづつ力を加えて押します。
1回3秒を左右3回ずつ行いましょう。

リンパの流れと、女性ホルモンの分泌を促します。

天渓(てんけい)

乳首から外側に、一直線のライン上にあるツボが天渓です。
乳首から脇の方へ進み、ゴリゴリとあたる骨と骨の間にあります。
親指を脇にあて、バストを下から持ち上げるようにしながら左右同時に押すのが効果的です。

ハリのあるバストになります。

渕腋(えんえき)

乳首からやや斜め下方向で約10cm外側へ、ワキの下のライン上と結びついた位置にあるツボが渕腋です。
骨と骨の間を押すと痛みを感じる場所がありますので、親指でゆっくり押します。
天渓の様に、左右同時に押すと良いでしょう。

血行を促進してバストにハリをもたらします。

乳根(にゅうこん)

乳根は、乳首から3cmほど真下にあるツボです。
指でゆっくりと3秒押したら、息を吐きながらゆっくりと離します。
これを3回から5回繰り返します。

リンパの流れを良くし、と女性ホルモンの分泌を促します。

バストの他にも、生理不順や冷えなどの女性特有の悩みを解消する効果が期待できます。

まとめ

バスト アップ ツボ
最初はツボの位置をとらえられなかったり、上手く指を使えないかもしれません。
毎日やっていけばコツをつかむことができますので、是非続けてみてください。

全てのツボを押しても、たったの数分ですから続けられそうですね。
バストにハリが出るだけではなく、血流が良くなって体の調子が良くなる効果もあるようです。

バストアップ
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました