人には聞きづらいVラインの黒ずみの美白ケア

黒ずみ 黒ずみ

人には聞きづらいVラインのこと、どのくらいご存知ですか?

私は恥ずかしながら、『Vライン』がどこを指すのか正確には知りませんでした。

Vラインって、『ビキニライン』を略したもので、セパレートタイプの水着を着た時に、水着で隠れている肌のうち、下着に沿ったラインを指すのだそうですね。

つまり、体前面の太ももの付け根のV字ラインとお臍の十数センチ下の水着の水平ラインの2か所を指すんですね。

そんなVラインの黒ずみ、水着になる時、デートの時、気になりますよね。

Vラインの黒ずみの原因と予防法、美白ケアについて調べてみました。

スポンサーリンク

Vラインの黒ずみ、4つの原因

Vライン
Vラインの黒ずみの原因は、大きく4つ挙げられます。

下着や洋服による摩擦

下着や洋服にこすれることで摩擦が繰り返されると、刺激から肌を守るためにメラニンが大量に生成されます。このメラニンがこびりついた色素沈着が黒ずみです。

さらに摩擦刺激が重なると、肌がターンオーバーを速めて角質を厚くして、過角化を起こします。角質が厚くなると、メラニン色素はより深く定着してしまいます。

デリケートゾーンのかぶれや炎症・ニキビ

Vラインを含むデリケートゾーンは、通気性が悪く、雑菌が繁殖しやすい部位です。そのため、かぶれたり炎症を起こしたりしやすくなっています。

かぶれや傷の炎症から肌を守るためにメラニンが生成され、黒ずみになります。

また、毛穴が多いため、ニキビができることもあります。

間違ったムダ毛の自己処理によるダメージ

カミソリでのムダ毛処理が必要な角質まで傷つけています。また、毛抜きやワックスで無理に毛を抜くと、毛穴に雑菌が入りこんで毛嚢炎になることもあります。

ホルモンバランスの乱れ

生理や妊娠・出産に伴うホルモンバランスの変化により、メラニンが生成される量が増加し、黒ずみの原因となります。

ストレスや寝不足でもホルモンバランスは変化します。

スポンサーリンク

Vラインの黒ずみを避けるには

黒ずみ
4つの原因に対してそれぞれに、Vラインの黒ずみを避ける方法を見ていきましょう。

まずは、下着を見直しましょう。締めつけの強い下着は避け、お尻をすっぽり包んでくれる柔らかなものを選びましょう。

次に、清潔に保つことが重要です。汗やおりものが多い時、生理ナプキンで通気性が悪い時は要注意です。

ムダ毛処理は、自己処理を避ける方が無難です。

生理や妊娠・出産によるホルモンバランスの変化は仕方ありませんが、ストレスや睡眠不足は避けられますね。規則正しい生活で、ホルモンバランスを整えましょう。

スポンサーリンク

Vラインの黒ずみ、根本的解決法は美白

美白
まずできるケアとしては、肌のターンオーバーを整えるための保湿です。気をつけたいのは、粘膜に触れないようにすることです。粘膜についてしまった時は、優しく洗い流しましょう。

しかし、黒ずみを生じたVラインの根本的なケアは、美白ケアに尽きます

Vライン専用のクリームを選ぶ時の3つの条件を挙げると、

  • 黒ずみを解消する美白成分
  • 肌に優しい成分
  • 続けられる価格と保証

です。

美白成分としては、カモミラエキスビサボロール、厚生労働省により美白効果があると認められたトラネキサム酸などが、肌荒れや炎症を抑える成分としては、グリシルリチン酸二カリウムなどが挙げられます。

いかに専用クリームでも、個人差はありますが数ヶ月は使い続けなければ効果が現れませんので、続けられる価格というのは大きなポイントになりますね。

スポンサーリンク

まとめ

黒ずみ

「Vラインってビキニラインのことだったんですね!」というところから始めたVラインの黒ずみケアのお話、いかがでしたか?

根本的な解決には、やはり美白ケアが必要だということが分かりました。

が、自分で気をつけられる予防法も分かりました。

下着などによる摩擦は無くなるものではありませんから、美白ケアできれいにしたVラインは、自分でできる予防法で新たに黒ずみを生じさせないようにしましょう

黒ずみ
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました