これからのパソコン選び SSDのみ?HDDあり?

電源が切れない パソコン

日常的にパソコンを使っている方には、HDDはもちろん、SSDも常識になってきたのではないでしょうか?

HDD(ハードディスクドライブ)は従来のデータ保存装置、SSD(ソリッドステートドライブ)は新顔のデータ保存装置です。

SSDが出始めたころには、HDDとSSDにはそれぞれ一長一短があるとされ、特にSSDが高価であったことから、HDDを選ぶ方のほうが多かったですね。

しかし、現在、SSDの価格もどんどん下がってきています。

では、今後パソコンを選ぶ際には、SSDのみのパソコンでも大丈夫なのでしょうか?

今回は、そのあたりをまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

パソコンのデータ保存 SSDのみでも大丈夫?

パソコン

SSDは、半導体でデータやプログラムを記憶しており、電気的な信号のみで読み書きを行っています。

HDDのような稼働装置がないので、データの読み書きが高速、物理的な衝撃に強い、消費電力がHDDより少ないというメリットがあります。

一方で、SSDには価格のほかに、性能の劣化/低下という弱点があります。

SSDでは、書き込みの際の単位は「ページ」、データ消去の際の単位は「ページ」いくつかまとまった「ブロック」となっています。

パソコン上で「ページ」を消去しても、「ブロック」の単位になる容量の「ページ」が集まらないと、データは虫食い状態でSSD内にはデータが残っています。

つまり、SSDを使い込んでいくと書き込めない容量が増え続けていくことになります。

そこで、SSD内部では消去可能な「ブロック」を作るために、保持すべきデータとデータ削除済みのデータを整理する処理(ガベージコレクション)が必要となり、SSD容量分のデータを書き込んだ後に、性能劣化/低下が生じるのです。

このことから、パソコンのデータ保存をSSDのみで行うなら、自分の想定している使用量より大容量のSSDを選ぶと安心ですね。

スポンサーリンク

ノートパソコンにはSSDのみがおすすめ

SSD

前述のSSDの弱点を考慮したうえで、ノートパソコンならSSDのみのタイプをおすすめします。

SSDは、HDDに比べて軽量ですし、物理的な衝撃にも強いので、持ち回ることを前提としたノートパソコンに適しています。

また、HDDより起動が速いので、外でちょっとした隙間時間に作業をしたい時にも便利です。

デスクトップの場合は、SSDの弱点を補うために、SSDをOSやプログラムに用い、HDDをデータ保存に用いる併用がベターです。

SSDのみのノートパソコンを使う場合にも、HDDにデータのバックアップをしておくと安心ですね。

スポンサーリンク

これからのパソコン選びはSSDのみでもOK

パソコン

ここまで、SSDのメリットと弱点についてご紹介してきました。

価格の点は、今後、ますます値段が下がっていくでしょうから、SSDのデメリットではなくなっていくと思います。

また、性能劣化/低下についても、長期にわたってパソコンを使わないというようなことがなければ、あまり気にしなくても良いと言われています。

ノートパソコン選びにはSSDのみが、これからのスタンダードになっていくかもしれませんね。

パソコン
スポンサーリンク
wpmasterをフォローする
美容・スキンケア.COM

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました